台北事務所の活動をお伝えします


by ritouki

またまた銃撃事件発生

 昨晩8時過ぎ、テレビのニュースで、国民党の選挙演説会場で銃撃事件発生の第一報が流れました。
 撃たれたのは国民党の連戦・名誉主席の息子で立法委員の連勝文氏。永和市の市議員候補の応援演説中にステージ上で乱入した狙撃犯に顔面を撃たれました。救急車で市内の病院へ運ばれた後、すぐに台湾大学病院へ転送、4時間の弾丸摘出手術を受けました。命に別条はないとのことですが、流れ弾に当たった観衆の黄運聖氏が死亡しました。犯人は地元の暴力団員で、供述によると、候補者を狙ったものの、背格好の似ている連勝文氏を誤って撃ったとしています。
b0199170_17211449.jpg

b0199170_17211240.jpg

 2004年3月19日、台南で選挙運動中の陳水扁総統が銃撃された際、国民党は即座に「民進党の自作自演」と主張しました。今回は犯人が現行犯逮捕されていることもあり、そういった主張はまったく見られず、民進党の冷静さを感じます。
 あの時、「連宋の乱」の首謀者として総統選挙終了後の大混乱を企てた連戦氏も、まさか数年後に自分の息子が撃たれることになるとは思いもよらなかったことでしょう。
[PR]
by ritouki | 2010-11-27 11:06 | イベント