台北事務所の活動をお伝えします


by ritouki

「車站肖像」

 今日は午前10時前に高雄を出発する台湾新幹線に乗車し、お昼前には台北へ戻ってきました。
 夕方からは台湾独立建国連盟本部で開票速報を観戦する予定になっていますが、わずかな時間を縫って、基隆へ出掛けてきました。
 なぜ基隆?というのも、日本李登輝友の会が李登輝学校台湾研修団をはじめ、あらゆるツアーで大変お世話になっている勝美旅行社の社長だった李清興さんのお兄さんである李欽賢さんの展覧会「車站肖像」が基隆文化センターで開催されていると聞いたからです。李清興さんは2年前に癌に倒れられ、たくさんの方々に惜しまれつつ世を去られました。李太太(奥さん)は気丈にもご主人亡き後の勝美旅行社を切り盛りされています。
b0199170_052306.jpg

b0199170_0523667.jpg

 今回、展示会を開いたのは李清興さんのお兄さんにあたる李欽賢さん。主に鉄道をテーマにした鉛筆による素描画や油絵を書いたり、美術史をまとめられた著作を発表されています。また、美術史を学ぶために独学や学校に通ったりして日本語を習得。著作の中には日本美術史の解説まであります。
b0199170_0524410.jpg

b0199170_0523253.jpg

 お邪魔したのはちょうどお昼どき。李さんは展示されている駅舎や鉄道の絵をひとつひとつ丁寧に説明してくれました。会場となった基隆文化センターでは常時、いくつもの展示がされているようで、李さんの展覧会も若いカップルが見学中でした。
b0199170_0523827.jpg

 夕方までには台北に戻らなくてはならず、慌ただしい中での訪問でしたが、久しぶりにお目に掛かり、李さんの作品を鑑賞出来たのは大きな収穫でした。
[PR]
by ritouki | 2010-11-27 15:49 | イベント