台北事務所の活動をお伝えします


by ritouki

あの歌手ゆかりのレストラン

 五大都市選挙の喧騒もまたたく間に消え、いつもの月曜日がやってきました。日本から取材に来ていた方たちも皆さんほとんど帰られましたが、日頃からお世話になっている「まどか出版」編集長の梶山さんと帰国前日に会うことが出来ました。
 今夜、御一緒したのは、『暴かれた中国の極秘戦略』(中国語タイトル『台湾大劫難』)の著者である袁紅冰氏と、台湾での支持者である出版社の方々(左が袁紅冰氏、右は「まどか出版」の梶山さん)。
b0199170_3251283.jpg

 そして案内されたのは、忠孝東路四段にある浙江料理レストラン「筠園」。この「筠」という字は台湾人でもなかなか読めない珍しい字だとか。私は幸いにも『私の家は山の向こう』というルポタージュを読んだことがあり、この字の意味を知っていたので読むことが出来、ひとしきり話しに花が咲きました。そう、この「筠」という字は、テレサ・テン(鄧麗君)の幼い頃の名前に使われていたのです(竹の内側の柔らかい皮の部分を指すという意味があるそう)。
b0199170_325721.jpg

 このレストランのオーナーは高雄出身で、テレサ・テンのお兄さんの奥さんにあたる方。店内には控えめにテレサの写真が飾られており、CDなども並んでいます。台湾はもとより、日本でも愛されたテレサを偲んで、日本人客も少なくないそう。また、日本との縁も深いそうで、オーナーのお姉さんは群馬県在住。なんと、今日まで日本に出掛けており、昼12時の飛行機で帰って来たばかりだとか。特にマコモを塩タマゴで味付けして炒めた料理が絶品。最後に出されたスープも後を引くものでした。
b0199170_325615.jpg

b0199170_3274324.jpg

b0199170_3251093.jpg


「筠園小館 鄧麗君主題餐廳」
台北市信義區忠孝東路四段553巷18號 TEL02-27642401
[PR]
by ritouki | 2010-11-29 23:07 | イベント