台北事務所の活動をお伝えします


by ritouki

烏来の高砂義勇隊慰霊碑へ

 残念な結果となった五大都市選挙開票から一夜明け、日本からの視察ツアー一行は夕方便で日本へと帰国します。今月から本格運用となった松山空港からの帰国のため、それまでの時間を有効活用。というわけで、烏来の高砂義勇隊慰霊碑を参拝に出掛けました。
 聞くところによると、数年前の移転問題勃発から一連の騒動を経て、ようやく整備された周辺の公園も完成。来週の週末には県政府主催で音楽会も開かれるとか。
 ところが烏来のふもと街までやって来たところでひと悶着。烏来では、土日は山道の混雑を避けるため、「赤ナンバー(観光バスなど)」の車両はふもとの街までしか入れないのです。仕方がないのでバスにはふもとの駐車場で待機していてもらい、タクシーに分乗して慰霊碑まで。タクシーの運ちゃんたちは、私たちが日本人だと分かると「慰霊碑へ行くんでしょ」と訳知り顔。以前は「慰霊碑」といっても通じない人もいただけに、だんだんと認知度が上がって来たようです。

 慰霊碑では、いつもお世話になっている「烏来郷高砂義勇隊記念協会」の周理事長代行とマカイ・リムイ総幹事にお出迎えいただきました。そして献花、参拝の後、最近の動向や今後の予定などをお話しいただき、しばらく散策。
 周辺の工事もほとんど終わっているようで、慰霊碑はやっと居場所を定め、静かな環境を取り戻したかに見えます。
b0199170_3471679.jpg

 そして再び待たせていたタクシーでふもとの街へ。もうしばらく時間があるので、少しだけ烏来のみやげ物街で解散。台北市内から車で1時間もかからない烏来ですが、ここには高砂族の文化が色濃く残っています。日曜日とあって、レストランやみやげ物屋が並ぶ一本道は混雑していました。
 店先にデンと置かれていたのは豚の丸焼き。何やら無念な表情ですが、照り焼きなんでしょうか、食欲をそそられます。もうすぐ昼食なので我慢しましたが、次回は挑戦してみましょうか。
b0199170_3472180.jpg

b0199170_3471918.jpg

[PR]
by ritouki | 2010-11-28 16:35 | イベント