台北事務所の活動をお伝えします


by ritouki

鍋が恋しい季節・・・

 冬の台湾、特に台北は本当に本当に寒いんです。

 そう言うと、「台湾はマンゴーのとれる南国。そんなわけないじゃない?」という反応が返ってきそうですが本当なんです。
 例えば今日の台北市の最低気温は12度でした。「ほ~ら、東京より断然暖かいじゃない」と言うのは待って下さい!確かに気温だけ比べると日本よりも暖かそうですが、台湾の普通のマンションや大学の寮には暖房というものが備えられていないのです。さらに、台北は京都と同じく、周囲を山に囲まれた盆地のため、湿度が高いので、余計に寒く感じます。また、夏が長い台湾のため、生活の知恵なのでしょうか、部屋の床はタイルになっています。ですから、寒気がまさに足元から上がって来るようでそれこそ芯まで冷えそうです。実際、このブログも室内でダウンジャケットを羽織りながら書いています。

 数年前、初めて迎えた台湾での冬。自分でもまさかこれほどまでに台湾の冬が寒いとは夢にも思わず、コートもマフラーも持ってきていませんでした。ところが急に寒波が押し寄せ、気温は一気に急降下。
 とりあえず間に合わせのものは買い込みましたが、すぐに実家へ電話し、「急いでダウンジャケット送ってー!」と頼みました。
 すると、やはり父親も台湾がそんなに寒いというのが信じられず「バナナがとれるような台湾がそんなに寒いはずないだろう」と返され、「現地にいる人間が寒いって言ってるんだから本当に寒いんだよ!」とケンカになりそうになったこともありました。
b0199170_1475450.jpg

 そんな季節になると、日本でも台湾でも恋しくなるのが鍋。台湾では鍋がポピュラーで、夏でもクーラーがキンキンに冷えた店内で鍋を食すこともあります。しかし、やはり本番は冬。特に年が明け、旧正月が近づいてくる頃は例年一番冷え込む時期なので、「火鍋レストラン」も書き入れ時です。
 期末試験間近とはいえ、どうにもこうにもこの寒さに我慢できず、火鍋屋さんへ。ここは「酸白菜鍋」がウリのレストラン。真ん中が煙突がわりになった鍋が特徴で、中国の満州地方の名物です。
b0199170_1475272.jpg

 漬け込んだ酸っぱい白菜をたっぷりと入れ、豚肉と一緒に煮込みます。鍋は下から熱しているわけではなく、鍋の筒の中に炭が入っており、最上部のフタの部分を開け閉めすることで火力を調整しています。
 こんなに寒いと、考えることは台湾人も日本人も同じ。店内では会社帰りの同僚や友人たちと思しきお客さんで大賑わいでした。
 私たちも汗をかくほどアツアツの鍋を堪能しました。そして、凍えるような部屋へと帰って来たのです。
[PR]
by ritouki | 2011-01-07 23:30 | イベント