台北事務所の活動をお伝えします


by ritouki

いまだ色褪せぬ『台湾紀行』

 今朝の産経新聞に書評が掲載されています。
 著者の楊海英先生は静岡大学人文学部の教授ですが、昨年前半は台湾の国立政治大学民族学系でも客員教授として教壇に立たれていました。楊先生は中国に呑み込まれた内モンゴル出身。同じく呑み込まれる寸前の台湾での生活を経てどのように感じられたのか興味あるところです。
b0199170_2262868.jpg

[PR]
by ritouki | 2011-02-06 23:26 | イベント