台北事務所の活動をお伝えします


by ritouki

「群策会」設立10周年記念パーティ

b0199170_17545854.jpg

 今夜は、李登輝元総統が主宰し、李登輝学校などを運営しているシンクタンク「群策会」の設立10周年記念パーティが台北市内で開かれました。これは同時に募金パーティともなっていて、パーティの途中では絵などがオークションにかけられ、それを支持者が落札することで寄付出来る仕組みにもなっています。

 本会からも柚原正敬・常務理事や天目石要一郎・日本李登輝学校校友会理事長らがお祝いに駆け付けました。また、パーティには蔡英文・民進党主席をはじめ、呂秀蓮・前副総統、黄昭堂・台湾独立建国連盟主席、羅福全・元駐日大使ご夫妻、許世楷・前駐日大使、黄天麟・前総統府国策顧問ご夫妻、蔡焜燦・李登輝民主協会理事長、黄昆輝・台湾団結連盟主席、蘇貞昌・元行政院長など、まさに本土派大集結といった様相の、錚々たる顔ぶれが揃いました。
b0199170_17545771.jpg

 来年1月14日に行われる総統・立法委員ダブル選挙まであと半年を切り、李登輝元総統も挨拶の中で真っ先に蔡英文主席に触れ、「蔡英文を支持しよう!総統に当選させよう!」と呼びかけました。
b0199170_1754545.jpg

 同時に、馬英九総統が中国との交渉の根拠と主張する「九二共識」の欺瞞を指摘。「九二共識」がなければ中国との関係が悪化し、交流も出来なくなる等と嘯いて台湾民衆の利益を損なっている、と厳しく批判しました。

 そして、蔡英文主席が挨拶したあと、李登輝元総統が揮毫した「群策群力為台湾」の書がオークションにかけられることになり、蔡主席が司会を務めました。最終的に書は200万元で落札されましたが、蔡主席は「落札出来なかった方は次回、私に寄付して下さい」と話し、会場の笑いを誘っていました。
b0199170_17545227.jpg

[PR]
by ritouki | 2011-08-27 23:54 | イベント