台北事務所の活動をお伝えします


by ritouki

「孫文と米国」特別展へ

 昨日から国父記念館で始まった「孫文と米国」特別展に行って来ました。

 孫文が米国籍だった証拠の書類が見つかった、と鳴り物入りで宣伝されておりセンセーショナルな展示かと思いきや、会場はむしろヒッソリ。

 米国籍については、実際は後に中華民国総統になった時に米国によって取り消されたとか。米国大使館に相当する在台米国協会(AIT)のスポークスマンはこの展示会に関連し「中華民国の総統に就任したことで、孫文のアイデンティティは中国だと認定し、米国は彼の米国籍を剥奪した」と証言しています。
 そういえば、馬○九総統も未だに米国永住権保持疑惑が消えないんですが・・・。
b0199170_21491997.jpg

[PR]
by ritouki | 2011-07-05 21:48 | イベント