台北事務所の活動をお伝えします


by ritouki

マサ・トホイ先生を訪ねて石門水庫へ

b0199170_2037426.jpg

 本会が主催する李登輝学校台湾研修団で、台湾の原住民をテーマに何度か講義していただいたマサ・トホイ先生を覚えている卒業生の方も多いと思います。

 マサ先生はタイヤル族で、桃園県の石門水庫(石門ダム)からさらに小舟で対岸に渡った岬にお住まい。もう2年以上お目に掛かっていませんでしたが、博士課程で台湾を研究している友人が訪ねるというので同行させてもらうことにしました。私たちと会うときは、わざわざ小舟に乗って、ダム北側にある息子さんが経営する原住民料理レストランまで来てくれます。

 マサ先生は昭和7年生まれの御年80歳。久方ぶりにお目に掛かりましたが、大変お元気そうでした。2日前に友人から「マサ先生に会いに行く」と聞き、先生には何も言わずにくっついて来たので「先生、覚えていてくださるかなぁ」と一抹の不安がありましたが、会うなり「いつも文章読んでますよ」と言われて感慨もひとしお。長らくご無沙汰したことを申し訳なく思いました。

 お年はとっても頭脳は明晰。日本時代の思い出から地理、人名まで諳んじてスラスラお話ししてくれます。日本時代の教育については「日本は植民地教育だといっても、その教育には精神があった。徹底的に日本人にしようという気概があった。だから、今でも日本の教育はよかったと思っている」と語ってくれました。

 先生のお話しを伺っていると、2時間半はあっという間に過ぎてしまいました。またの再会と先生の健康を祈ってお暇しました。
b0199170_20374664.jpg

[PR]
by ritouki | 2012-07-31 20:54 | イベント