台北事務所の活動をお伝えします


by ritouki

「火焼島之旅 2012白色之道青年体験キャンプ」1日目

 今日から「陳文成博士紀念基金会」が主催する「火焼島之旅 2012白色之路青年体験キャンプ」に参加するため緑島に来ています。

 陳文成博士は1950年、台北生まれ。台湾大学数学系を卒業後、米ミシガン大学で博士号取得。米国滞在中、台湾の民主化運動や人権問題に熱心に取り組んだことから国民党政府に目をつけられ、1981年夏、台湾に一時帰国中、警備総司令部に呼び出されたまま戻らず、翌日早朝、台湾大学キャンパス内で死体が発見されました。この件について国民党政府は「陳文成博士は自身の誤りを悔いて自ら命を絶った」と嘯きましたが、手を下したのが誰なのかは火を見るより明らかな事件でした。

 その陳文成博士を記念して設立されたのがこの基金会で、台湾の民主化運動や人権擁護のための活動を行なっています。今日から参加する「火焼島之旅」は今年で開催6回目。18歳から35歳まで、学生を中心とした40名の若者が緑島に集まり、監獄関連施設の見学、ドキュメンタリーの鑑賞、白色恐怖被害者を招いての体験談を聞くなど、ただ緑島へ行っただけではなかなか経験出来ないプログラムが用意されています。

 今日は午後1時すぎに台鉄台東駅に集合。船で緑島へ向かいます。休憩後、さっそくドキュメンタリーを鑑賞。無実の罪で十数年もの時間を奪われた人々、残された家族の苦労、凄惨な取り調べの記憶など、自由かつ民主化された現在の台湾からは想像も出来ないような経験が語られます。
b0199170_036972.jpg

 そして、実際の白色恐怖の被害者として私たちに体験談を話してくれたのが、蔡焜霖先生と黄廣海先生。蔡先生は名前から分かる通り、蔡焜燦先生の弟さんです。台中一中時代に読書会に参加したことを罪とされ、緑島監獄へ送られました。
 黄先生は、戦後に大陸から台湾へ渡って来た外省人ですが、国民党がもはや共産党に勝てる見込みはないと考え、友人にその旨を書いた手紙を出した咎でやられました。

 体験談を聞いた後、参加者から「白色恐怖の時代は『共匪消滅』などというスローガンで共産党と敵対関係にあったのに、現在は『親共』になっている。なぜこのような状況になったのか」と問われた蔡先生は「国民党は1950年代、『大陸反攻』を掲げ、共産党打倒を目指して、それに歯向かう幾多の無辜の人々の命を奪った。それなのに、今や国民党は共産党と手を結ぼうとしている。ならば、あの時代、失われた数多の命はどうなるのか。国民党が共産党に擦り寄るのはなぜか。私にも分からない!」と強い口調で訴えました。
[PR]
by ritouki | 2012-08-31 23:50 | イベント