台北事務所の活動をお伝えします


by ritouki

李登輝元総統、台湾大学農業経済学系で学生を前に講演

b0199170_17194470.jpg

b0199170_1720355.jpg

 李登輝元総統は本日午前10時から、台湾大学農業経済学系(学部)の大講堂で「我的人生哲学(私の人生哲学)」と題した講演を行いました。

 昨年11月中旬に大腸癌の開腹手術を行ったことで、一時期その体調が心配されましたが、術後の経過は大変順調で、今年4月に高雄および屏東を皮切りにした台湾全国を視察する「生命之旅」を始められました。

 「総統を退任した後、地方に出掛けていない」という想いによって始まった地方視察では「大陸反攻に固執した国民党の中央集権化の影響で、地方経済が疲弊している」と台湾経済の先行きを憂いながらも「地方にはまだまだ埋もれた人材がいる」と市井の人々のひたむきな姿に希望を見出していました。

 5度にわたって行われた「生命之旅」では、晴れ男の李元総統には珍しく、雲林や彰化で台風に見舞われました。9月上旬の南投・台中を巡る視察では、炎天下で疲れた表情を見せながらも、熱心に人々の声に耳を傾ける姿に心打たれました。

 「生命之旅」にはまだ台湾北部や東部が残されていますが、とりあえず今年の視察予定は南投・台中をもって終了。年末までは、積極的に大学をまわり、学生たちに向かって講演を行うとのことでした。

 今日は、母校でもあり、かつては教鞭をとっていた台湾大学農業経済学系での講演。聴衆として集まった学生は300人以上。席が足りなくなり、通路にまで学生があふれる満堂となりました。
b0199170_1719506.jpg

 以前から、李元総統は、特に学生や若者と話すことが出来るのを何よりも喜ばれると仄聞します。台湾の将来を担う学生たちに対し、ご自身の哲学を伝えることで、何かしらの糧として欲しいという願いによるものでしょう。
b0199170_17195699.jpg

b0199170_1720037.jpg

 「私はいま90歳、皆さんはいま20歳くらい。しかし、私が20歳から経験した70年間と、これから皆さんが経験する70年は全く違う。変化は地球規模で起きている。そのことを念頭に置いて対処していかなくてはなりませんよ。」

 そう締めくくった李元総統は立ちっぱなしの講演90分、その後も質疑応答で30分近くしゃべりっぱなし。90歳を過ぎ、ますます元気になっていくように見えるのはあながち錯覚ではないかもしれません。
b0199170_1720624.jpg

b0199170_1720935.jpg

[PR]
by ritouki | 2012-10-05 17:44 | イベント