台北事務所の活動をお伝えします


by ritouki

名古屋商工会議所の皆さんが「日本精神」を学ぶ研修ツアー その2

 2日目の朝を迎えた名古屋商工会議所・若鯱会の皆さんによる「台湾の歴史から学ぶ『日本精神』ツアー」。昨日は遅くまで台北を満喫していた方もいらっしゃったようです。

 今日は朝から市内の研修観光。まずは萬華の古刹、台北龍山寺を参拝。戦前戦後を問わず、台湾の人々の厚い信仰を集めてきた、いわば「心の拠りどころ」です。台北の街の発展は、まさにこの萬華の地から始まりました。少しくすんだ街並みが却って下町風情を感じさせます。

 続いては中正紀念堂へ。ちょうど正面、側面の階段が工事中のため、衛兵交代の儀式を見学するためには1階の展示スペースからエレベーターもしくは階段で蒋介石の銅像があるフロアまで上がらなければなりません。
 そもそもこの衛兵交代は、観光の目玉として設けられたもので、儀式そのものにはまったく意味がありません。民進党政権の時代、一度廃止されたものの、それまで衛兵交代目当てで訪れていた観光客が減少したため、国民党政権になって復活させたという経緯があります。とはいっても、儀式そのものは見ていてなかなかのもの。憲兵のなかでもエリート中のエリートしかこの役目にはつけないとか。

 バスはすぐ近くの「228記念館」へ。1947年(昭和22年)2月27日、現在の南京西路で発生した闇タバコ売りの女性に対する国民党官憲による暴行事件により、それまで耐え難きを耐えてきた台湾の人々の堪忍袋はついに切れました。その波はまたたく間に広がり、翌日には全島蜂起となりましたが「台湾人よ蜂起せよ!」との声を運んだのが、当時の台北放送局、現在の228記念館です。

 政権が変われば展示も変わる、と言われる通り、以前と比べると展示の内容にも変化がありますが、それでも60数年前の凄惨な事件を伝えるには充分な迫力があります。初めて台湾を訪れた方が半分ほどをしめているため、戦後間もなく台湾で起きた事件に衝撃を受けたようでした。
b0199170_3105322.jpg

 続いては昼食。台湾名物の小籠包に舌鼓を打ち、竣工当時世界一の高さを誇った台北101ビルの展望台から台北の街を睥睨します。

 高さ509.2mを誇る101ビルは、2007年にドバイのビルに抜かれ、世界一の座を明け渡しましたが、現在でも台湾のランドマークであることに変わりはありません。
 ビルの外観は竹をモチーフにしたもの。竹はまっすぐ上に伸びることから繁栄を象徴し、台湾では縁起の良いものとされています。施工は熊谷組を中心としたジョイントベンチャー、展望台のある89階までをわずか37秒で上昇するエレベーターは東芝製。開業当時「鉛筆を立てておいても倒れない」と報道されるほどの性能が賞賛されました。台湾を代表する建築にも日本の技術が生かされているのを知ると面映い気がします。
b0199170_3105131.jpg

 さて、上の写真はなんでしょう?
 実はこれ、101ビルの揺れ幅を抑制する「ダンパー」です。これだけの高さのビルともなると、風による振動の影響も並大抵ではありません。そこで、660トンの重さのダンパーを87階から92階の間に設置し、横揺れを緩和しているのです。このダンパーにより、揺れを最大40%軽減出来るとか。

 トイレの個室には奇妙なイラストの注意書きが。便器以外でしてはいけません、ということでしょうか。そんなことさえ知らない人たちが対岸からたくさんやって来ているということでしょうか。
b0199170_3104939.jpg

 午後は故宮博物院を見学し、ホテルへ戻って休憩。夜は蔡焜燦先生をお招きしての晩餐会です。数日前、体調を少し崩されたようで心配していましたが、夕方に一度お電話すると「だいぶよくなったよ。名古屋の皆さんに会えるのが楽しみだ」と仰られたので少しホっとしました。
b0199170_3104753.jpg

 「台湾に残る『日本精神』」をテーマに少しお話しいただけませんか、という要望に対し、蔡先生は40分近くも立ったままで講演。「皆さんビールも飲まないでこっち見てたら話しにくいから、飲みながら食べながらで聞いてください」と、蔡先生ならではの気遣いでスタートした講演は、「あぁもうお腹すいちゃったので、ここらでご飯食べさせて下さい」とユーモアたっぷりに終了。
 お元気な姿で、日本精神を説く蔡先生の言葉に、皆さん一様に感動した様子。「このためにだけ台湾に来たといっても過言ではない」「台湾に来た甲斐があった」と口々に話されるのを聞くと、お手伝いに参上した私までも嬉しい気分になります。

 興奮冷めやらぬ皆さんも、明日は台湾総統府と景美看守所を見学して帰国。皆さんの目に台湾はどう映ったでしょうか。
[PR]
by ritouki | 2012-11-02 23:10 | イベント