台北事務所の活動をお伝えします


by ritouki

謹賀新年 本年も引き続きよろしくお願い申し上げます

 あけましておめでとうございます。本年も日台共栄のため、皆さまのお力添えをよろしくお願い申し上げます。

 昨夜は、台湾ではもはや恒例の風物詩となった台北101ビルの花火を見に行ってきました。数年前、文字通り101ビルの足元で見た花火は豪快で感動的でさえありましたが、「祭りのあと」にはバスにも乗れず、MRTにも乗れず、タクシーも捕まらず、数時間歩いて帰る羽目になりました。

 近くで見る花火は確かにダイナミックでしたが、トイレも食べるものもすべて行列という記憶も相まってか、それ以来近くで見ることはなく、友人のマンションの屋上や大安森林公園など、少し距離のある場所から見るようになっています。

 今年もやはり大晦日はゆっくり過ごしたいと、少し遅めの食事の後、タクシーで出来る限り台北101ビルの近くへ。交通管制も毎年恒例のためか、それほど渋滞しておらず、京華城デパートのそばから花火を楽しみました。ただ、昨年までのようなドッカーンと飛び出すような花火がなく、ちょっと迫力に欠けたかな、という感じがしました。

 台湾は旧暦で動く社会のため、実はこれからがむしろ「尾牙」つまり忘年会のシーズンとなり、2月9日の除夕(旧暦の大晦日)まで師走の慌ただしさを迎えることになります。

 ともあれ、新年を迎え、新たなスタートです。
 早速ですが、お知らせです。1月19日にまどか出版から『日本人、台湾を拓く。許文龍氏と胸像の物語』が出版されます。

 日本時代、台湾に貢献した名も無き日本人の功績を顕彰するため、胸像を制作した許文龍氏のエピソードと、胸像となった日本人の物語です。
b0199170_15153837.jpg

 台湾近代化の父・後藤新平
 糖業を発展させた・新渡戸稲造
 近代水道を敷設した・浜野弥四郎
 環境型ダムを生んだ・鳥居信平
 烏山頭ダムを築いた・八田與一
 蓬莱米を作った磯永吉と末永仁
 電力利用を広げた・松木幹一郎
 台湾紅茶を育てた・新井耕吉郎
 古都・台南を守った市長・羽鳥又男

 僭越ながら、このなかの「蓬莱米を作った磯永吉と末永仁」を私が担当させていただいています。

 年頭にあたり、共著ながら新刊上梓のお知らせでスタートが切れることは大変幸せです。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

                            平成25年元旦 弥栄
[PR]
by ritouki | 2013-01-01 04:15 | イベント