台北事務所の活動をお伝えします


by ritouki

李登輝元総統、今日が旧暦のお誕生日

b0199170_2164746.jpg

 李登輝元総統のお誕生日は1月15日で、あと5日もすれば90歳を迎えることになります。

 ただ、総統ご自身は新暦ではなく農暦(旧暦)で祝うことを習慣にされているようで、これまで農暦の11月29日を誕生日として祝ってきたそうです。今年の農暦11月29日にあたるのが本日で、農暦で数えると92歳を迎られます。

 誕生日に際し、総統からは「寿桃」が配られ、私もご縁あってお相伴にあずかりました。「寿桃」とは、中華圏の風習で、誕生日を迎えた人が配る、桃をかたどったお祝いの饅頭のことです。
 その昔、仙境といわれた崑崙山には不老長寿の桃があり、3000年に一度しか実をつけなかったとか。そして、崑崙山の主人である西王母が、この桃が実ったのを祝って祝宴を開いたという故事から「寿桃」が生まれたようです。

 とはいえ、現実の台湾社会は折りからの不況と、馬英九政権の迷走で決して景気のいい話ばかりではありません。聯合晩報の報道によれば、李登輝元総統は「苦しい国民の生活を思えば誕生日を祝う気にはならない」と話しており、祝宴も開かないということです。
[PR]
by ritouki | 2013-01-10 02:30 | イベント