台北事務所の活動をお伝えします


by ritouki

<   2010年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ついに・・・

 MRT内にあった広告。あのユニクロが台湾初上陸です。10月7日にMRT市政府駅の上にオープンする統一阪急百貨店に入る予定です。デパートの上にはフォーシーズンズホテルも入るとか、また台北のスポットが増えそうです。
 台湾は中国からの繊維商品の輸入に厳しい規制があったため、なかなか進出できませんでしたが、並行輸入によって、ユニクロは台湾ではもはや「ブランド」と化しています。
b0199170_5262237.jpg

[PR]
by ritouki | 2010-09-30 05:31 | イベント

李登輝校長先生登場!

 日本李登輝学校台湾研修団も最終日。ついに李登輝校長先生の特別講義です。
 それに先立ち、蔡焜燦・李登輝民主協会理事長が挨拶に駆けつけてくださり、1時間あまりたっぷりお話しいただきました。
b0199170_1550952.jpg

 そして李登輝校長先生の特別講義。台湾に2000人、日本に400人いる李登輝学校卒業生ひとりひとりが「李登輝の分身」として、力を合わせていかなければならないなど、力強い声で訴えられました。私たちも肝に銘じなければなりません。
 修了式では李登輝校長先生から直接修了証を頂戴して記念撮影。5日間の研修団は無事に幕を下ろしました。
b0199170_542997.jpg

[PR]
by ritouki | 2010-09-27 16:58 | イベント
 台中滞在も2日目。埔里にある「台湾酒工場」を見学訪問しました。もともと埔里は水がきれいなことで知られ、ここで生産される老酒は台湾でも一級品です。
 こちらの工場は1999年の921大地震でも壊滅的な被害を受けましたが、今ではその爪あとが見えないほど復興され、たくさんの観光客でにぎわっています。
 写真は老酒の甕で作られたトンネル。昼間なのに薄暗く、幻想的な空間です。
b0199170_4583484.jpg

[PR]
by ritouki | 2010-09-26 18:55 | イベント
 台湾で一番住みやすいと言われる台中。確かに気候も良く、緑も多い街です。また、台湾第3の都市だけあって三越やそごうもあり、買い物にも便利。盆地で雨が多く、夏暑くて冬寒い台北や、暑過ぎる高雄と比べると、人気が高いのもうなづけます。
 今日の台中も空は真っ青。台中から車で2時間ほどの日月潭のほとりにある茶葉改良試験場へやってきました。
b0199170_451863.jpg

 ここでは日本時代、新井耕吉郎技師が茶葉の改良に尽力し、台湾紅茶の発展に寄与しました。戦後の一時期、台湾紅茶は粗悪品が出回り、衰退してしまったそうですが、最近になってその品質が見直され、人気が高まっています。中でも「紅玉」と呼ばれるアッサムは最高級の味だとか。
[PR]
by ritouki | 2010-09-25 13:45 | イベント
 朝一番の講義は黄昭堂・台湾独立建国連盟主席による「台湾の政治情勢(馬英九政権の現状と問題点)」。11月27日に投開票が実施される五大都市首長選挙の行方にも関心が集まりました。
 また、尖閣諸島における中国漁船衝突問題における日本政府の対応に対し、黄昭堂主席は「今までの日本政府は弱腰だったが、今回の事件ではよくやっている。頑張ってほしい」と期待されていたのに、その午後には「船長釈放」のニュース。これにはガッカリしました。
b0199170_4371637.jpg

 今春3月、旭日中綬章を授与された何瑞藤・国立台湾大学日本語学科名誉教授は李登輝学校初登場。国立大学として初めての日本語学科設置に奔走された何教授の苦労話から、日本時代の思い出、日台文化の共通点など、内容は多岐にわたりました。
b0199170_4372295.jpg


 夕方、研修団一行は台中へ移動。
[PR]
by ritouki | 2010-09-24 23:36 | イベント
 第14回目となる日本李登輝学校台湾研修団が今日から行われています。
 日本からの参加者23名(現地合流も含む)は桃園空港から淡水の群策会へ直行。休憩もそこそこに早速講義に入りました。

 新任なったばかりの王燕軍・秘書長(李登輝学校の教頭先生にあたります)の歓迎挨拶を受け、第一弾の講義は黄天麟・元台湾総統府国策顧問/元第一銀行頭取による「台湾の経済情勢(ECFAの内容と問題点)」です。
 李登輝元総統をはじめ、多くの識者が締結に警鐘を鳴らし続けて来たECFAを馬政府はいとも簡単に結んでしまいました(9月12日発効)。その問題点と今後の影響について解説いただいた後、日本にとっても看過しえない問題ということで活発に質問の手が挙がりました。
b0199170_4285086.jpg

 夜は王秘書長をはじめ、群策会スタッフも混ざって淡水のレストラン「紅楼」で晩餐会。初日の夜は更けていきました。

 
[PR]
by ritouki | 2010-09-23 20:26 | イベント
 アルピニストの野口健さんと初めてお目に掛かったのは今年の2月、訪台した野口健さんとマネージャーの野口剛さんをご案内したのがご縁でした。
 健さんも剛さんも共に30代、私と年齢が近いこともあって、爾来(勝手に)兄貴分のように親近感を抱いています。その後、またまたご縁があり、7月半ばには健さんと李登輝元総統との対談に同席させていただきました。
 私としては、健さんや剛さんの熱意に、むしろこちらの方が勉強させて頂いたつもりでいたのに、お二人はこんな私に非常に感謝してくださっていて有難い限りです。

 そして、今宵は野口健さん行きつけのお寿司やさん「金多楼」にご招待いただきました。
 実は、このお店の若旦那が、、、野口剛さんなのです。剛さんは「金多楼」の若旦那の傍ら、健さんのマネージャーという二束のわらじを履いて活動を支えているのです。
b0199170_23405539.jpg

 いつもの背広姿と違って、鯔背なスタイルの剛さんの手から繰り出されるお寿司の数々にのっけからメロメロ。あぁ、日本に帰ってきた、、、と実感するのでした。ビールをいただくにも、ワイングラスのような薄手のグラス。お箸もお皿も心をこめて選ばれたものを使っているのを感じます。
 10席あるかないかの小さなお店ですが、そのぶん和気藹々とした雰囲気で、あっという間にこのお店に魅せられてしまいました。そして、もう一つの魅力は大将(剛さんのお父さんの四郎さん)。どこか飄々とした大将ですが、ジャズが大好きと粋な趣味をお持ちです。
b0199170_23405712.jpg

 帰りがけに伺ったのですが、実は大将も女将さんも台湾が大好き。女将さんは家庭で魯肉(ローバー)を作ったり、大将も「台湾の北と南じゃ肉圓(バーワン)の味が違うんだよな」とすっかり台湾通。
 これからも一家で日台交流を応援してください。美味しいお寿司と至極の時間、ごちそうさまでした。

 そして、野口健事務所の小島マネージャーにもお付き合いいただき、ありがとうございました。小島さんの実家は私の実家と車で20分くらいの距離。すっかり意気投合してしまいました(と私は思っています)。ぜひぜひ次回は台北で再会しましょう!
[PR]
by ritouki | 2010-09-09 23:38 | イベント

半年ぶりの日本

 2月の旧正月以来、ほぼ半年ぶりに日本への帰省中です。

 この夏、日本から台湾へ遊びに来た方々からは口々に「台湾のほうが涼しい!」という声が幾度となく聞かれました。今日は前日に雨が降ったせいか、気温も下がり、晩夏らしい日和となりました。
b0199170_23283911.jpg

 九段の杜に足を踏み入れると、夕刻近いためか人影少なく、都会の喧騒はどこへやら。大鳥居が映える空の青さはいつの間にか初秋の気配です。
b0199170_23272211.jpg

[PR]
by ritouki | 2010-09-09 18:26 | イベント

知ってますか?

 皆さんの中で「Facebook」をご存知の方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。
 「Facebook」をひとくちに説明するのは至難の業ですが、ひとことで言い切ってしまえば「友だち同士で情報交換するインターネット上のサービス」となるのでしょうか。

 実はこの「Facebook」のサービスに李登輝元総統が登録して話題になっています。先月末、「龍馬プロジェクト」の視察で来台した若手議員の方々を案内して元総統に面会した際にも、ご本人の口から「インターネットの持つ潜在的パワー」とか「Facebook」などの単語が出てきて驚きました。
 
 もちろん元総統ご自身が自分でこうしたサービスを見つけてきたわけではなく、周囲の方々によると、同居している孫娘の坤儀さんが教えたのだとか。
b0199170_23373045.jpg

 確かに元総統はお年を召していますが、農業経済博士で数字にも強く、言われてみるとインターネットにご興味を持たれるのも自然のことかな、とも感じます。あと10年早かったら、iPhoneやiPadを駆使していたかもしれません。

 この話題は台湾のニュースでも流され話題となりました。日本でも時事通信台北市局長の佐々木さんがお書きになっています。
b0199170_2331210.jpg

[PR]
by ritouki | 2010-09-05 23:37 | イベント

もうすぐ??

 MRT駅構内を歩いていると、路線図に今年開通予定の「蘆洲線」がお目見えしているのを発見しました。
b0199170_0572934.jpg

 今までMRTが走っていなかった台北市内の地域を補完するように走るこの路線は、ベッドタウンの台北県(今年12月25日からは行政院直轄の「新北市」に昇格)新荘市や蘆洲市と結ばれ、朝夕ラッシュ時の渋滞緩和が期待されています。
 ところが、最近のニュースではもともと9月に開業予定だったものが、工事の遅れや安全性の確認のため、11月に延びるとか。まぁ新幹線が1年延びたくらいですから、2ヶ月くらいではビックリしません。
 台北駅と桃園国際空港を結ぶ路線も着々と工事が進められており(台北駅で荷物を預け、チェックインも出来るようになるとか)、台北のMRTもますます便利になりそうです。
[PR]
by ritouki | 2010-09-01 23:57 | イベント