台北事務所の活動をお伝えします


by ritouki

<   2010年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

激戦の新北市へ

 夕方、いよいよ激戦の新北市へ入りました。街なかには至るところに候補者のポスターやのぼりが乱立しています。早めの夕食を済ませた後、集会場となる新荘市の中港国小(小学校)へ。まだ早い時間だったためかそれほど人は多くありません。ただ、これが最終的には3万人以上に膨れ上がるとは思いもよりませんでしたが。台湾の選挙集会はとにかくお祭り。歌ありダンスあり、ビデオの上映と参加者を飽きさせません。

 そしていよいよ最後に蔡英文候補が登壇。小雨の降る中でしたが、この頃には会場となった小学校の周囲のマンションにも人が鈴なり。規定されている午後10時までの選挙運動時間ギリギリいっぱい使って支持者に訴えました。
b0199170_14453553.jpg

 集会終了後、午後11時過ぎに台北市内に戻った我々は解散。3泊4日の世界台湾同郷会の五大都市選挙応援活動は無事に幕を下ろしました。

 明日からは日本李登輝友の会の選挙視察ツアーに同行します。
b0199170_14453494.jpg

[PR]
by ritouki | 2010-11-25 23:25 | イベント

激戦区の北部へ

 午前中は昨日に引き続き、台中市内で応援活動を行い、最後の票の掘り起こし。市内の選挙本部で心尽くしの昼食をいただいてからいよいよ激戦の台北・新北市へ。
 と言いたいところですが、途中、竹北の客家老街へ寄り道。客家特色のお茶や食べ物を買い込みました。
b0199170_1985171.jpg

[PR]
by ritouki | 2010-11-25 19:04 | イベント

直前の集会へ

 今夜は再び豊原市に戻って選挙集会(造勢集会)へ参加。謝長廷氏や葉菊南女史も登壇、最後に蘇嘉全候補が登場すると盛り上がりは最高潮に達しました。
b0199170_0325530.jpg

b0199170_033063.jpg

[PR]
by ritouki | 2010-11-25 00:26 | イベント

謝長廷氏と遭遇

 台中市内に戻り、昼食は五権路にある選挙本部でいただきました。
 本部にはちょうど参謀の謝長廷氏も居合わせ、歓迎の挨拶を受けました。休憩後、午後はいくつかのグループに分かれて応援活動に参観します。
b0199170_1453644.jpg

[PR]
by ritouki | 2010-11-24 15:36 | イベント

今日は台中へ

今朝は5:50のモーニングコールで6:20に台南のホテルを出発。台中は豊原にある蘇嘉全・市長候補を訪問しました。現職の胡志強市長が9年務める台中市は現在、市長自身の健康問題から治安問題までが噴出しています。
従来の台中市は国民党の牙城でしたが、台中県との合併で農村の有権者が増えた事もあり、五分五分の戦いと言われています。残り3日の奮起に期待したいところです。
b0199170_12333099.jpg


b0199170_1233499.jpg


b0199170_1234071.jpg

[PR]
by ritouki | 2010-11-24 12:25 | イベント
高雄県・岡山での応援活動を終えた私たちは台南市へ移動。まずは台湾文学館を参観します。ここは日本時代の台南州庁にあたります。昭和20年の台南大空襲で2階から上は吹き飛ばされてしまったものを、戦後に修復して今に繋がるそうです。いつもながら、台湾人の古い建物をリニューアルして利用する創造力には感服します。
b0199170_1712492.jpg

b0199170_1712834.jpg

 昼食後、台南市の北東に位置する永康市の選挙事務所を訪問。永康市はサイエンスパークにも近く、新興の中堅都市といった感じです。頼清徳候補のプロモーションビデオを見ている途中でご本人が慌ただしく入って来ました。簡単な挨拶と写真撮影を終えると足早に次の会場へ向かうとか。それでも支持者からはサインや写真を求められたりしています。選挙も終盤に入るとそれこそ分刻みのスケジュールというのにもうなずけます。
b0199170_171816.jpg

b0199170_1711271.jpg

[PR]
by ritouki | 2010-11-23 16:46 | イベント
 世界に散らばる台湾人も今週末の五大都市選挙のために帰国しています。投票のためだけでなく、各地で応援活動をするということで、私も2008年の総統選挙前の活動に引き続き、ボランティアとして参加しました。
 初日の月曜日は一路高雄へ。残念ながら私は試験のため、夜に新幹線で高雄へ向かい、ホテルで合流となりました。総統選挙時のバス17台とは比べられませんが、今回もバス2台、総勢60人超の海外に暮らす台湾の方々とご一緒します。
 中には2年前にも同じ活動に参加していた方々がたくさんいて、私のことを覚えていてくれました。
b0199170_1140517.jpg

 今日は高雄のホテルを朝7時に出発して高尾県の岡山へ。こちらの伝統市場で応援活動です。初めて訪れる南部の伝統市場でしたがオドロキの連続。ちなみにここ岡山は黄文雄先生の生まれ故郷です。

 まず、売っているものが台北と違う!魚はみんな生きてるし、カエルも元気。見たことのない野菜もたくさんあり、岡山名物らしく羊肉がたくさん売られていました。
 途中で陳菊候補の対抗馬である楊秋興候補と遭遇。ただ、選挙の応援よりも「市場の熱さ」にばかり目を奪われました。
b0199170_1140572.jpg

b0199170_1141461.jpg

b0199170_1141941.jpg

b0199170_11411574.jpg

[PR]
by ritouki | 2010-11-23 11:23 | イベント
 世界各地に散らばる台湾人で構成される世界台湾同郷会が、五大都市選挙を目前に控え、南部の高雄から台南、台中、台北を廻るキャラバンツアーを実施します。
 2年前の総統選挙直前にも行われ、私も日本の在日台湾婦女会のご好意で参加しました。その時はバス17台を仕立てて、南は屏東から北は台北まで約一週間にわたるキャラバンでしたが、若手日本人ということで同じバスの方々やツアーの皆さんから大変可愛がっていただいたのを覚えています。
 今回は、ツアー事務を取り仕切る台湾独立建国連盟の王康厚秘書長から連絡があり、「ボランティアとして参加してくれないか」と依頼されました。せっかくのお誘いでしたので快諾し、今朝7時に台北を出発!と言いたいところでしたが、ちょうど試験がずれ込んでしまったので、朝一番に皆さんと一緒に出発することが出来ませんでした。
b0199170_14414158.jpg

 無事に試験を終え、夜7時半の新幹線で一路高雄へ。高雄市議会駅で下車し、国賓飯店へ向かいます。陳菊候補の演説集会へ参加していたキャラバン隊の皆さんがホテルに戻って来るのを待って無事合流。明日から木曜日まで台南、台中、台北を廻ります。
[PR]
by ritouki | 2010-11-22 23:32 | イベント
 中山北路と忠孝東路の交差点と言えば、監察院(公務員の人事や懲戒を担当する役所)や行政院、立法院に教育部と、官庁が建ち並んでいます。
b0199170_1942211.jpg

 今日、こちらを通ると、中山北路の外側路線が通行止め。何かと思えば前方の監察院前で「太極拳連盟」によるデモが行われていました。ノボリには「司法改革」という文字がたくさん並んでいます。参加者に話を聞く時間がなくて残念でしたが、恐らくは陳水扁・前総統の有罪判決に抗議しているのでしょう。
 人数的にはかなりの数。もしかしたら昨日、総統府前広場で行われた寄せ集めの国民党デモより多いかもしれません。
b0199170_1942441.jpg

 皆さん太極拳の道着を着て、まさに老若男女が参加しています。見ていると、学校帰りと思しき子供たちも。時間は4時ごろ、学校が終わって駆けつけて来たのでしょう。お父さんやお母さんに言われて参加しに来たのか、それとも自分で来たのか。後者なら見上げたもんです。
b0199170_1942519.jpg

[PR]
by ritouki | 2010-11-22 19:42 | イベント

投票日まであと6日!

 来週の土曜日は五大都市選挙の投票日。ということは、あと残り一週間を切ったわけです。
 今日は午後から国民党主催のデモが行われるということで、東京新聞の迫田支局長の取材にご一緒させていただきました。
 デモのゴール地点である総統府前広場では午後4時過ぎから集会が開かれるということで、仁愛路でタクシー下車。ここから総統府前広場まで徒歩で移動します。国民党は「今日の参加者5万人!」とぶち上げたようですが、集まった人々はどう見積もっても数千人。
b0199170_2521968.jpg

b0199170_252775.jpg

 我々が到着すると、ちょうど馬英九総統と郝龍斌・台北市長が登壇しているところでした。ただ、投票日を翌週に控えた割にはいまいち足らないヒートアップ。ご主人様に駆り出された犬たちもなんだかグロッキーです。
b0199170_2522159.jpg

 ふと傍らに目をやると、そこにはなんと「特偵組加油簽名版(特偵組がんばれ伝言板)」なるものが!「特偵組」とは日本でいう特捜部のようなもの。先日、有罪判決が確定した陳水扁・前総統の汚職やマネーロンダリングの捜査を進めたのも特偵組です。まるで「もっともっと疑惑をほじくり出せ!」という風にも聞こえますが、いつかそれがブーメランのように自分たちに跳ね返って来る日が来るのでは?と思うのは私だけではないでしょう。
b0199170_2521321.jpg

[PR]
by ritouki | 2010-11-22 03:13 | イベント