台北事務所の活動をお伝えします


by ritouki

<   2010年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

左から右へ60年

 学習院女子大学で長らく教鞭をとられていた久保田信行先生が台北にお出でになりました。久保田先生は数年前に「修学院」を立ち上げ、失われつつある日本精神を学ぼうと勉強会を開かれています。ご縁があって創設をお手伝いさせていただいた当時、李登輝総統の著書「武士道解題」をテキストに土曜日の昼に集まったことを思い出します。
 今年3月にも台北へお出掛け下さった先生とは半年ぶりの再会、いつも気にかけて下さる恩師の存在は有難いものです。昼食後、先生の数十年来の友人という曾永賢・元総統府資政(上級国策顧問)が久保田先生を訪ねて下さいました。
b0199170_1454290.jpg

 曾さんは、客家で日本時代の苗栗生まれ。早稲田大学卒業後、「革命のために」台湾へ戻って来たとか。その後、国民党の調査局に逮捕されてからは転向、その共産党に関する知識を発揮して中共研究を37年。李登輝総統時代には総統府国策顧問、陳水扁総統の時代には総統府資政(上級国策顧問)も務められました。

 折しも今春には国史館から「従左到右六十年 曾永賢先生訪談録」のタイトルで口述記録が出版されています。ただ、こちらは売れ行き上々ですでに入手困難とか。私も台湾大学図書館で手に取ったことはありましたが、まだ読んではいませんでした。さらに、日本での翻訳出版の話も進んでいるとのこと。タイトルの意味は「左から右へ60年」、まさに台湾の歴史の生き証人である曾さんの半生を文字通り表しています。そういう訳で、帰宅後すぐにネット書店をいくつも探してやっと発見。また、口述記録の続編も間もなく出版されるということで、手に取るのが楽しみです。
b0199170_1454481.jpg

[PR]
by ritouki | 2010-11-21 23:17 | イベント

目覚めてくれよ!

 いよいよ来週末は、2012年の総統選挙の前哨戦と目される五大都市首長選挙(および市議会・里長選挙)を迎える台湾です。
 今日、用事があって出掛けると、交差点では何やらプラカードを掲げたおじさんが。
b0199170_1342013.jpg

 右のプラカードには「中国人学生には月3万元の補助、じゃあ台湾人学生は?どんだけ傾中なんだ?みんな目覚めてくれよ!」てな感じ。つまり行政院大陸委員会が発表した中国人学生への補助金について揶揄しています。3万台湾元といえば、大卒初任給が2万元台とも言われる台湾社会ではかなりの額。なぜ不景気に苦しむ自国民を顧みず、中国からの学生にそれほど手厚い保護を加えるのか理解に苦しむところ。なぜ仙○官房長官があれほどまでに中国に気を使うのか理解に苦しむのと同じです。

 左のプラカードでは、中国で開かれているアジア大会のテコンドー種目で、不可解な規定違反により失格となった楊淑君・台湾代表が無言の涙で抗議したことに触れています。

 ここは中山北路と忠孝東路の交差点、立法院や監察院が立ち並ぶ、言わば「台湾の霞が関」。バイクに乗った人たちもみんなプラカードに目をやっています。
 台湾の人々が中国を「今そこにある危機」と捉えるか、「まだまだ対岸の火事」と楽観しているかが、選挙の勝敗の分かれ目。ひいては台湾の未来に直結するものとなるでしょう。
[PR]
by ritouki | 2010-11-19 01:34 | イベント
 先週末から私用のため沖縄へ行ってきました。
 台湾では27日の五大都市選挙に注目が集まっていますが、沖縄では28日に知事選挙が行われます。現職の仲井真弘多氏を含め3名が立候補し、仲井真氏と伊波洋一氏の大接戦だとか。
b0199170_15704.jpg

 仲井真知事といえば思い出すのは2つ。
 一つは蔡焜燦先生がよくお話しになるエピソード。
 もう何年も前の話。沖縄へ出掛けた蔡先生、とあるバーに足を踏み入れると、何やら「蛍の光」の大合唱。歌の主と目と目が合い、気持ちも通ったのか、蔡先生は意気投合。相手の方と飲めや唄えで酔っ払い、最後には相手の方から「お前の上着いいなぁ、交換しよう」と言われ、「いいとも、交換しよう」ということで翌朝目覚めてみたらホントに相手の上着を持って帰って来ている。名刺にある番号へ電話したら相手は不在だったが、電話に出た人に「あっ、上着を交換した方ですね」と言われたとか。沖縄勤務を終え、内地へ戻られる仲井真氏の送別会が紅灯の巷で開かれていたのです。
 それが当時から「沖縄のエース」と呼ばれた仲井真氏と蔡先生の初めての邂逅だったとか。

 そしてもう一つは、2年前、李登輝元総統が沖縄訪問されたとき。東南植物園を見学後、園内のレストランで昼食会。李登輝元総統の隣に座ったのが仲井真知事でした。李登輝元総統はその席上で挨拶し「尖閣は日本の領土」と明言。同行したNHK台北支局の藤田さんなどは慌てふためいて那覇支局へ飛んで行ったものでした。この発言は私もこの耳で聞いていますし、本会編集の訪日記録集『誇りあれ、日本よ 李登輝・沖縄訪問全記録』(まどか出版)にも掲載されています。
b0199170_157352.jpg

b0199170_214294.jpg

[PR]
by ritouki | 2010-11-15 19:56 | イベント

さぁ、いよいよ・・・

 今月27日の選挙を控え、だんだんと台北の街もヒートアップしてきました。

 ニュースではよく「五大都市選挙」ということで、五大都市の首長候補にばかりスポットライトが当たっていますが、実はそれだけでなく、それと同時に市議会議員も同時に、果ては里長(町内会長のようなもの)まで同時に選出される「準」総選挙状態なのです。
b0199170_1313257.jpg

 ふと街中で見つけた看板、まるでファッション雑誌の広告のようですが、実はこれも選挙のポスター。「台北可以微笑 I'm here to stay!」と書いてあります。そしてちょっと見にくいですが、URLが「www.eball.tw」と記載されています。

 eball?そう民進党の蘇貞昌・台北市長候補はその風貌から台湾語で「電球」を意味する愛称で呼ばれています。eballもそこからヒントを得たのでしょう。確かに「電球」を連想させますが、こちらの看板のイメージとはちょっとかけ離れてますね・・・。
[PR]
by ritouki | 2010-11-10 11:31 | イベント