台北事務所の活動をお伝えします


by ritouki

<   2011年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

鳥居顛末ふたたび

 4月18日付の自由時報に掲載された記事です。
 台北在住のライター・片倉佳史さんが、林森公園に戻された明石元二郎・第7代総督と、その秘書官だった鎌田正威氏の鳥居の位置について述べています。
b0199170_2285934.jpg


 説明によると、鳥居が元々建てられていた場所と、現在戻されていた場所は向きも位置も異なるとのこと。確かに鳥居を覆っていたバラック街が撤去された直後の画像を見ると、明石総督の鳥居はちょうど晶華酒店(リージェントホテル)を背にするような位置だったことが分かります。
b0199170_22112587.jpg

 なぜこのような配置になったのでしょうか。その謎は1945年の敗戦直前に米軍が作成した地図を見ると分かります。当時の台北の街は、京都と同様、碁盤の目のように整備されていましたが、三板橋墓地だけはまるで菱形のような形で配置されていたからです(画像中央あたり、菱形のエリアが三板橋墓地です)。
 ちなみに、画像の下の部分にある「TAISHOCHO」は大正町を指し、現在の林森北路付近。今では目抜き通りとなっている南京東路も当時は存在しませんでした。片倉さんによると、墓参に訪れる人々は三線道路(現在の中山北路)を通り、晶華酒店あたりの細道を東側へ入って三板橋墓地へと向かったそうです。
b0199170_22222026.jpg

 また、1937年(昭和12年)4月に発行された、財団法人台湾山林会の月刊誌『台湾の山林』には、台北帝大農林專門部の志水守道氏の論考「臺北市三板橋共同墓地の現狀と之が改善に關する卑見」が掲載されています。この論考の主旨は、農学の観点から三板橋墓地内の造園、樹木等について調査した結果をまとめたものですが、その他に墓地内各エリアの面積が一覧表として掲載されています。注釈部分を見ると、やはり大きな面積を占めているのが乃木希典・第3代総督の御母堂や明石総督、鎌田秘書官の墓所だということが分かります。
b0199170_423556.jpg

b0199170_22373414.jpg

b0199170_22373027.jpg

 この場所に明石元二郎・第7代台湾総督をはじめとする多くの日本人が眠っていた故事を知る人は少なくなりつつあります。明石総督は大正8年(1919年)10月26日、明石総督は公務で内地へ向かう船上で発病し、郷里の福岡で亡くなりました。「自分が死んだら台湾に葬るように」との遺言どおり、遺骸は台湾へ運ばれ、国葬が営まれた後、三板橋墓地に葬られました。唯一台湾の土となった日本時代の総督です。
b0199170_23114166.jpg

b0199170_424743.jpg

 戦後まもなく、中国大陸から敗走してきた国民党の下級兵士が、三板橋墓地を占領、墓石をバラックの梁などに流用した違法建築群が50年近く存在していました。しかし、民主化の波が押し寄せるとともに、1990年代後半には、ときの陳水扁・台北市長がついに違法建築の撤去を決定しました。
 下の一葉は、まだバラック街が健在だった頃、明石総督の鳥居を写した一葉(『明石元二郎関係資料』より)で、1991年頃の調査で撮影されたもののようです。中央奥に明石総督墓前の鳥居の一部や石段を見ることが出来、鳥居を挟んだ相向かいの家同士が鳥居を梁として共用していたのが分かります。
 調査を行った中京大学の檜山幸夫教授の記述によれば、当時だいぶ緩和されたとはいえ、この地に住む外省人下級兵士の日本人に対する感情は悪く、この街の奥深くへ入ることは非常に躊躇われたとか。
b0199170_2384148.jpg

 また、下は1997年3月3日夜の林森北路×南京東路の交差点付近の様子。翌日から作業が始まるため、これが「康楽市場」と呼ばれたバラック街の最後の夜の写真です。写真左上部に見えるのが現在の晶華酒店(リージェントホテル)。
b0199170_2371758.jpg

 なお、最後の夜にはバラック街の撤去反対を唱えた付近住民がデモ行進や居座り運動を行い、それを支持する国民党の政治家たちも駆けつけました。当時、行政院政務委員だった馬英九も横車を押し通すために現場へ登場。しかし、当局の決意も固く、数日で撤去は完了。林森北路を挟んだ両脇のバラック群は、現在では公園として整備され、この頃の面影を残すものはありません。
b0199170_2341445.jpg

 撤去作業が一段落した後の様子が『文藝春秋』1997年6月号のグラビアに掲載されています。ちょうど現在の晶華酒店側から撮影した一葉。鳥居の向こう側に見えるマクドナルドは今も林森北路と南京東路の交差点の目印となっているお店です。引っ繰り返された墓石、ポツンと立つ明石総督の鳥居。戦争に”負ける”ということの現実を思い知らされるかのようです。
b0199170_2381781.jpg

 同年7月17日、バラック街の跡地を公園として整備することに伴い、およそ80年ぶりに明石総督の棺が掘り出されることとなりました。
 画像ではちょっと見にくいですが、左側で見守る人々の真ん中あたり、蝶ネクタイをされているのが、明石総督のご令孫・元紹さんです。
b0199170_23114581.jpg

b0199170_231139100.jpg

 また、掘り出された明石総督の棺は、元紹氏の意向で開棺されず、台北市内の第一殯儀館に安置されることとなりました。
 そして同年12月19日、明石総督の長男夫人(ご長男はすでに逝去)や元紹氏、交流協会の後藤大使らが見守る中、棺が開けられることになりました。
 棺が掘り出された際も、湿気防止のためか大量の炭が棺の周りに埋められていましたが、棺の中も多くの炭で覆われていました。職員が手で炭を取り除くと、明石総督の遺骸のほか、下の写真にあるようなサーベルやブーツが納められていました。
 当日、明石総督の遺骸は火葬されましたが、この後しばらくの間、改葬地の選定に迷走することになります。ともあれ、最終的には元紹氏が語ったように「台湾の土になりたかった祖父をこのまま台湾で眠らせてあげたい」という希望が叶い、現在では、明石総督は台湾海峡を望む台北県三芝のキリスト教墓地に眠っています。
b0199170_23114794.jpg

[PR]
by ritouki | 2011-04-29 22:07 | イベント

鳥居顛末

 長いこと国立台湾博物館の敷地内に「居候」していた大小2つの鳥居が、林森公園(日本時代は「三板橋墓地」と呼ばれる共同墓地)に帰って来たことや、長らく「乃木希典・第3代総督の御母堂の墓前にあったもの」とされてきた小さい鳥居が、調査の結果、明石元二郎・第7代総督に仕えた鎌田正威・秘書官の墓前にあったものであろう、と結論付けられたことは、先日のブログでもお伝えしました。

 その後、台北在住のフリーライターで、いつも色々と教えていただいている片倉佳史さんからアドバイスをいただきました。
 というのも、昨秋、この鳥居が移動される際、台北市政府文化局が調査を行ったのですが、その調査過程や小さい鳥居が鎌田秘書官のものだと結論付けた物証が公開されていないからなのです。

 確かに、子供の頃、この墓地を遊び場がわりにしていた地元の老人たちによる、乃木総督の御母堂の墓前には鳥居はなかったという証言、鎌田秘書官の没年(昭和10年8月8日)と鳥居に刻まれている「昭和10年」という刻銘が一致する、などが根拠として挙げられています。しかし、どれも決定的な物証とまでは言えず、「総合的に判断」した結果という、決め手を欠くものでした。

 そこで、片倉さんからも、鎌田秘書官の墓前の写真があれば、この小さい鳥居が鎌田氏のものと確定する証拠になる、ということで、「宝探し」に着手しました。

 ところで、そもそも鎌田正威氏とは一体どんな人物なのでしょうか。実際、私も今回初めて聞く名前でした。歴史に埋もれた鎌田氏の足跡を追ってみたいと思います。
b0199170_151347.jpg

【上は鎌田氏の肖像写真。大正14年(1925年)に発行された「樟木調査記念寫真帳」より。発行は台湾総督府専売局樟木調査記念会。所蔵は国立台湾大学図書館】

 鎌田正威氏は明治18年(1885年)、香川県綾歌郡坂出町の生まれ。明治43年(1910年)7月、東京帝国大学政治経済科を卒業。同年10月に台湾へと渡り、台湾総督府工事部事務官となりました。
 大正7年(1918年)には、明石総督の秘書官兼参事官に任ぜられ、明石総督の片腕として活躍したようです。ベトナムやアフガニスタン、トルコにまで派遣され、その視察状況を総督へ報告した資料も残されています。
 大正11年(1922年)には台湾総督府専売局庶務課長に就任、大正15年(1926年)に総督府を退職しています。
 退職後は赤十字社主事や、日本精神を体現する神道を広める運動として「台湾維新社」を結成するなど、公的な場で活躍していたようです。
 昭和10年(1935年)8月8日、悪性心臓麻痺で死去。享年51歳でしたが、翌日の台湾日日新報には写真入りでその訃報が報じられています。
b0199170_1883459.png

b0199170_18132222.jpg

 当時の新聞記事や機関誌などを丹念に検索していくと、鎌田氏の名前が頻繁に登場することが分かります。現在で言えば、官僚出身のオピニオンリーダーといった位置付けだったのでしょうか。

 そして死去の翌昭和11年(1936年)4月16日付の台湾日日新報では、「故鎌田正威氏の墓碑を建設 併せて言行録をも編纂する 遺徳を慕う人々が計画」との見出しで、墓碑建設資を募集する記事が掲載されました(7面)。記事の大きさや、少し大きめの写真入りということを考えると、大きなニュース扱いになっていることが分かります。

 その後、墓碑建設に対する寄付は順調に集まったようで、ついに翌昭和11年(1936年)8月8日、三板橋墓地で「故鎌田正威氏 建碑祭」が三板橋墓地で行われました。
 70数年後の今日では歴史に埋もれてしまっている、鎌田氏の墓前に建立された鳥居が、ここで初めて姿を表すことになります。
 ↓上の記事は翌8月9日付の台湾日日新報の記事から。台湾国家図書館にマイクロフィルムで保管されているため、文字が掠れてしまって一部読めない部分がありますが、墓前に鳥居があることは視認出来ます。
 また、↓下の写真は、台湾総督府専売局が毎月発行していた機関誌『専売通信』(のちに『台湾の専売』と改称)に掲載されている、「故鎌田正威氏奧都城建碑祭竝一年祭」の記事です(第15巻9号105頁~107頁)。こちらには、より一層はっきりと鎌田氏の墓前に鳥居がそびえているのが見られます。
b0199170_18571768.jpg

b0199170_18572384.jpg

b0199170_435149.jpg

[PR]
by ritouki | 2011-04-24 14:15 | イベント
b0199170_5413627.jpg

[PR]
by ritouki | 2011-04-24 05:41 | イベント
 3月27日、東京都内のホテルで本会創立以来9回目となる総会が開かれました。

 11日に発生した東北大震災の復興支援のために台北で開かれたチャリティ・コンサートの会場と東京の総会会場をインターネット中継で結び、李登輝元総統からお見舞いのメッセージが届けられました。
 
 「まさかの友が真の友」とはよく言ったもの。この震災を契機に日台両国の絆がより一層深まったのは言うまでもありません。
b0199170_2312214.jpg

[PR]
by ritouki | 2011-04-22 19:28 | イベント
 今日は台北市内のホテルで「南山ロータリークラブ」の設立大会。会長が早稲田の大先輩ということもあり、ご招待されてきました。南山ロータリークラブは、先に設立された「東海ロータリークラブ」に続き、台北で2つめの「日本語を常用語とするロータリークラブ」です。

 大会には交流協会の堤秘書長も出席。クラブからは交流協会を通じ、震災の義援金500万円が贈られました。また、台湾からの有形無形の支援に対し、交流協会に続々と届いている日本人の感謝の声の一端が紹介されました。
b0199170_20232335.jpg

b0199170_20232539.jpg

[PR]
by ritouki | 2011-04-19 23:23 | イベント
 毎週日曜日、産経新聞に掲載中の「歴史に消えた唱歌」第3回です。
 文中に出て来る、『「昭和」を生きた台湾青年』(王育徳/著/草思社)は私も現在読んでいるところです。
 日本における台湾独立運動の父、王育徳氏の生まれ故郷である台南は、台北と異なり、日本時代中後期にあっても清朝時代の面影や風習が色濃く残っていたことが分かります。著者の生き生きとした筆致によって、当時の息吹を感じることが出来ます。
b0199170_5305417.jpg

[PR]
by ritouki | 2011-04-17 05:30 | イベント
 昨年夏には李登輝元総統との対談も実現し、年末には台北で「台湾への恩返し 日本の元気を台湾から取り戻す」をテーマに、東京では「台湾からの再出発」をテーマにした講演会も行われました。

 常に「現場主義」を掲げる健さんに大きく影響を与えたのは、外交官だったお父上の影響が大きいとか。清掃登山や遺骨収集、日台交流など、さまざまな分野で活躍する健さんの希望は「富士山と玉山の姉妹山提携を実現すること」。本会もバックアップしていきたいと思っています。
b0199170_2362454.jpg

[PR]
by ritouki | 2011-04-13 19:36 | イベント

帰ってきた二つの鳥居

 ここは南京東路と林森北路の交差点にある大きな公園。行政上は南北に走る林森北路を挟み、東側を14号公園、西側を15号公園と呼んでいます。これは特別な呼称ではなく、台北市内にある公園の行政上の名称はすべてこうした番号で呼ばれています。ただ、番号ではあまりにも味気ないので、こちらの公園も通称「林森公園」の名称で市民に親しまれています。
b0199170_19521333.jpg

 付近には日本人が集まる歓楽街の林森北路があり、晶華酒店や老爺酒店など日本人の宿泊客も多いホテルに隣接していることから、台北を訪れたことのある方なら、この公園のそばを一度は通ったことがあるのではないでしょうか。

 この公園に昨秋、2つの鳥居が帰って来ました。そもそも、この公園一帯は日本時代、「三板橋墓地」と呼ばれる日本人墓地でした。鳥居が「帰って来た」というのは、この2つの鳥居は、この墓地に眠っていた明石元二郎・第7代台湾総督と、その秘書官であった鎌田正威氏の墓前に建てられていたものだったからです。

 この日本人墓地は、戦後、中国大陸から敗走してきた国民党の下級兵士たちの塒へと姿を変え、その墓石はバラックの梁や床石となり、鳥居は物干し台に流用されてしまいました。着の身着のままでやってきた下級兵士たちが好き放題に住み着き、行政上はもちろん違法であったものの、数十年も経つと、いつの間にやら住所プレートまで掲げられる始末(台湾の街角でよく見かける緑色の住所表記プレートがこのバラック地帯にも存在したのです)。

 もともとが違法建築の嵐ですから、しょっちゅうボヤ騒ぎが起きており、犯罪の温床にもなっていました。そのため、1997年頃、ときの陳水扁・台北市長の号令下で、この場所の浄化が行われたのです。住み着いていた人々には多額の補償金をくれてやることで立ち退かせ、その後、この場所は公園として整備されました。

 また、整備の過程で、明石総督の墓所からは棺も見つかり、亡骸は改めて台湾海峡を望む台北県三芝郷(李登輝元総統の生まれ故郷)にある福音山基督教墓地へと葬られたのです。この顛末については、蔡焜燦先生が著した『台湾人と日本精神 日本人よ胸をはりなさい』(小学館文庫)にも描かれていますので、お読みになった方も多いかと思います。他の日本人のお骨は、そのほとんどが台中市の宝覚禅寺へと葬られています。

 明石総督は在任中の大正8年(1919年)、公務で内地に戻る船上で病に侵され不帰の人となりました。しかし、民政長官として仕えた下村宏(海南)に対して「必ず台湾に葬るように」との遺言を残していたため、遺骸は台湾に運ばれ、当時この場所にあった墓地へ埋葬されたのです。明石総督の墓所は、台湾の人々からの寄付によって作られ、その規模は「皇族方を除けば、明石ほど立派な墓に葬られた軍人はいない」と形容されるほどだったそうです。墓所にある大鳥居は、明石総督の後を継いだ田健治郎・第8代総督により、翌大正9年(1920年)、建立されたものです。
 
 また、小さいほうの鳥居は、もともと「乃木希典・第3代総督の御母堂である寿子さんの墓前にあったもの」というのが長らく伝えられてきた定説でした。三板橋墓地には明石総督、乃木総督の御母堂、鎌田秘書官の墓所と、3つの鳥居があるとされていましたが、1990年代に現存していたのは2つの鳥居だけでした。定説が元々間違っていたのか、途中で破壊されてしまったのかは分かっていません。
 今回の鳥居移転に伴う調査で、鳥居に「昭和10年」という建立時の刻銘があること(乃木総督の御母堂が亡くなられたのは明治29年)、日本時代にこの墓地を遊び場にしていた地元の老人による「乃木総督の御母堂の墓前に鳥居はなかった」という証言などから、最終的に小さいほうの鳥居は鎌田秘書官の墓所にあったもので間違いないだろう、と結論付けられました(鎌田秘書官が亡くなったのは昭和10年8月8日)。
b0199170_19521676.jpg

 この地が公園に整備されると、2つの鳥居は行き場を失い、国立台湾博物館の正面入り口左側の襄陽路沿いに並べて建てられていました。取り壊されたり撤去されることもなかったのは幸いでしたが、縁もゆかりもない場所に2つの鳥居が並んでいたのは奇異な感じがしたものです。

 手元に残しておいた新聞記事に、2年前の2009年11月14日付の聯合報台北版があります。
 この記事によれば、もともと2つの鳥居は、公園が完成したら元の場所に戻される予定だったにもかかわらず、何年経ってもその気配がないため、公園の地元である康楽里の王金富・里長(町内会長のようなもの)と正義里の王明明・里長が、陳玉梅・台北市議会議員に陳情したそうです。そして陳議員の奔走により、台北市議会では鳥居の移転を決定、近々元の場所に戻されることになる、と報じています。
 陳玉梅議員は青山学院大学卒業。国民党所属で、台北市議会議員を5期務めるベテランです。つい先日、年末に行われる立法委員選挙への立候補を「断念する」と報じられたばかり。たとえどの党であろうと、日本留学経験のある議員は大事にしたいものです。
 また、この記事の中でも、小さいほうの鳥居は乃木総督の御母堂の墓所にあったもの、と書かれており、まだ調査が進められていなかったことが伺えます。
b0199170_19513982.jpg

 台湾でも大きく報道されることなく、昨秋、「いつの間にやら」という感じで移された鳥居ですが、その後、東京新聞や朝日新聞でも鳥居の「引越し」が報じられました。前出の王金富・里長は、朝日新聞の村上支局長のインタビューに「明石総督が福岡で死んでも台湾に戻ってきたと知って、感動した。この場所は日本人の宿泊するホテルや免税店も多く、日本人が観光ついでに見学しやすい。多くの日本人に見てもらえるのではないか」と答えています。

 気持ちいい青空が広がった春の一日。大勢の市民でにぎわう公園の一角に2つの鳥居が鎮座しています。
 明石総督の鳥居のところでは子供たちがサッカーに夢中。鳥居をゴールがわりにして遊んでいます。確かに鳥居の幅はゴールにぴったり。日本だったら「この罰あたりが!」と怒られるところでしょうが。
b0199170_1952188.jpg

[PR]
by ritouki | 2011-04-11 19:48 | イベント
 やって来ました潜入取材!というほどのものではありません(笑)。

 「釣魚台(中国語で尖閣諸島のこと)は中華民国の領土」と主張し続けて40年の老舗(そんなに昔からあったのか!)、「中華保釣協会」の記念シンポジウムが開かれたのでこっそり(でもないけど)出席して来ました。

 会場は台北市内の世新大学。もともとジャーナリストを養成する専門学校でしたが、現在は大学に昇格。大陸委員会の主任委員を務める頼幸媛女史もこちらの出身。ジャーナリズム研究では、政治大学と並ぶ有名校です。

 ポスターにもパンフレットにも「世新大学 主催」と書いてるのでどうにも気になり、受付に駆り出されていた学生に「世新大学のどこの部署が主催なの?」と尋ねると「どこが、じゃなくて、世新大学そのものが主催です」という答え。なるほどパンフレットの最初のページにも、頼鼎銘学長の挨拶文がバッチリ入っています。いくら私立とはいえ、こうした高度に政治的な運動を大学がバックアップしちゃっていいんでしょうか。ちなみに協賛は国立清華大学図書館と中華保釣協会です。
b0199170_21532687.jpg

b0199170_2153248.jpg

 会場に入ると出席しているのは総勢50名くらい。ただ、どうも雰囲気が台湾人っぽくない人もちらほら。後で分かったことですが、どうやら香港やマカオをはじめ、海外から参加している人が半分くらいいるようです。
 もっと感情的な雰囲気を想像していたのですが、シンポジウムはむしろ学術的に淡々と進められていて意外でした。学生たちもちらほらいましたが、どうも彼らは手伝いに動員された様子。
b0199170_21533595.jpg

b0199170_21533816.jpg

b0199170_21533238.jpg


 午後4時過ぎ。シンポジウムが終わると、「釣魚台公園」に移動して最後のセレモニーを行うとのこと。いつの間にそんな公園作っちゃったんでしょうか。もともとはシンポジウムをちょっと覗いて帰ろうと思っていたのですが、くっついて行くことにしました。
 到着してみると、なんとその公園とは林森北路と南京東路の交差点にある通称「林森公園」、行政上は「14号公園」となっています。ご存知の方も多いと思いますが、ここは日本時代「三板橋」と呼ばれた地域で、日本人墓地となっていました。戦後、中国から敗走してきた国民党の下級兵士たちが、この墓地に住み着き、墓石を梁や床石にしてバラックを建てていました。

 1997年頃、当時の陳水扁・台北市長により、この地域の浄化が行われ、違法に住み着いていた人々は補償金をたんまりせしめて郊外へと移って行きました。もちろん、その中には、中国大陸から着の身着のままで拉致同然に連れて来られた下級兵士も多数おり、一概に非難することは出来ないのですが。
 「外省人=加害者、台湾人=被害者」という、台湾を知り始めたばかりの人が抱きやすい図式はステレオタイプ以外の何ものでもありません。整備が決まったこの地域に住む人々を追ったドキュメンタリー「陳才根的鄰居們(陳才根と隣人たち)」(呉乙峰監督)を見るとそれがよく分かります。

 さて、セレモニーが始まりましたが、さすがに屋外ということと、台湾社会からは必ずしもコンセンサスを得られていない「保釣運動」の団体、ということで警察も出動しています。
 参加者を代表して、香港からやって来たおじさん(たぶん幹部)が挨拶。広東語なまりの中国語なので何言ってるかさっぱり分かりません。続いてアメリカのヒューストンからわざわざ帰って来たというおばさん。このおばさん、保釣運動が始まった1971年からずっと参加しているそうです。残念ながら今日は保釣運動の元祖親玉、馬英九総統はお越しになっておりません。

 その後、若者二人がギターとドラムで保釣運動をテーマにした歌を披露。みんなが口ずさんでいるところを見ると有名な歌なんでしょうか?最後にみんなで「還我釣魚台~(尖閣を返せ~)」とスローガンを叫び、ボードにサインして終了です。通りかかる台湾人が胡散臭そうに見ているのが印象的な会合でした。
b0199170_21534812.jpg

b0199170_21534633.jpg

b0199170_21534296.jpg

b0199170_2153447.jpg

 最後に一つ。
 世新大学でのシンポジウム会場に飾られていた花の中に、国家安全会議の胡為真・秘書長から送られたものがありました。国家安全会議といえば、総統直属の安全保障政策を決定する機関です。
 時には強制上陸や海上保安庁の巡視船への攻撃など、暴力闘争も辞さない団体に政府高官が祝いの花を送る。これはまさに馬英九総統が保釣運動そのものを支持している(支持しているどころか、そもそもこの運動を始めた首謀者が、ハーバード留学時代の馬英九氏ですから)証左といえるでしょう。
b0199170_21533966.jpg

[PR]
by ritouki | 2011-04-10 22:44 | イベント

「唱歌の父」伊澤修二

 先週日曜日から連載が始まった、産経新聞の「歴史に消えた唱歌」第2回。
 今回の主人公は日本時代、台湾の教育の基礎を築いた伊澤修二。とりわけ、伊澤はアメリカ留学を通して音楽教育の重要性を認識していたようです。
 『国家と音楽 伊澤修二がめざした日本近代』(奥中康人・著/春秋社/2008年)にも、伊澤が音楽教育によって民衆の国家意識を培養しようと試みていたことがわかります。

 今回の記事に登場する、財団法人台湾協会(園部逸夫会長/斎藤毅理事長)は、日本時代の台湾で生まれ育ったいわゆる「湾生」の方々の親睦・支援団体ですが、当然のことながら、年々会員数が減少しているそうです。敗戦から66年が経過し、当時の台湾で暮らしていた湾生の方で、日々の生活の記憶をお持ちの方は少なくとも70代後半でしょう。文献や資料などには記録しきれない、生の台湾体験を伺うチャンスが減っていくのは残念なことです。台湾協会が発行する月刊誌「台湾協会報」では、フリーライターの片倉佳史さんが、そうした体験を発掘して記事にされています。
b0199170_534729.jpg

[PR]
by ritouki | 2011-04-10 06:01 | イベント