台北事務所の活動をお伝えします


by ritouki

<   2011年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 台湾の特捜部にあたる最高法院検察署特別偵察組(特偵組)は、6月30日午前10時30分から会見を開き、李登輝元総統と「台湾総合研究院」創設者で初代院長の劉泰英氏が国家機密費約780万ドル(約6億3千万円)を横領、「台湾綜合研究院」の設立費用に充てたとして、公有財物横領の罪で起訴したと発表しました。

 これを受け、午後2時30分から李登輝元総統の弁護士・顧立雄氏が、李登輝事務所の王燕軍主任とともに台大校友会館で会見を開き「起訴内容は事実と全く異なる」と反論。「総統は予算分配に同意するが、その後の執行には関与しない」など、起訴内容と法律要件が符合していない、と指摘しました。

 一連の会見を受け、本会台北事務所は李登輝元総統と親しい黄昭堂・台湾独立建国連盟主席を訪問、この件に関しての印象を聞くことが出来ました。

 問「起訴の一報を聞いたときの印象は?」

 黄主席「時には政敵を潰すために司法を利用するのが中国人のやり方。李登輝元総統は”棄馬保台(馬英九氏を放棄して、台湾を守ろう)”をスローガンに馬政権を批判してきた。来年の選挙戦が近づいてきたので、国民党が口封じをしようとしたのだろう」

 問「台湾国内への影響はあるか?」

 黄主席「大きな影響はない。台湾人は国民党のやり方を熟知している。法に基づかないやり方は彼らの常道」

 問「日本人も大きな関心を寄せているが?」

 黄主席「台湾と日本の司法というものは全く違う。日本の方は冷静に見ていて欲しい。国民党が司法を利用して仕掛けてきているだけなので心配する必要はない」

 なお、この件に関し、台北地検は2003年に国家安全局の元会計長を起訴していましたが、裁判では1、2審ともに無罪が確定していて、なぜ今になっての起訴なのか不可解さは否めません。

 李登輝元総統は昨年6月に行われたデモで「棄馬保台」を明言。来年1月の総統選挙に向け蔡英文・民進党主席を支持するのは確実で、国民党側が李元総統の批判を封じようと機先を制した、という見方が有力です。

 7月1日夜、李登輝元総統は台北市内で開かれる台湾団結聯盟のパーティに出席する予定で、民進党の蔡英文主席とともにスピーチすることになっています。
b0199170_23522757.jpg


 李元総統の弁護を担当する顧立雄氏は台湾大学法律系卒業後、ニューヨーク大学で修士号。現在は台湾最大規模の萬国法律事務所に所属する辣腕のパートナー弁護士。陳水扁前総統一家の弁護を務めたことで一躍その名が知られました。

 両親ともに上海出身の外省人ですが、台大在学中に受けた法学教育を通じて政治思想に大きな影響を受けたとか。さらに、黄信介・元民進党主席の講演を聞いたのをきっかけに、台湾の前途に貢献しようとの考えを固めたということです。
[PR]
by ritouki | 2011-06-30 23:48 | イベント
 今夜は国際法の恩師、李明峻教授が世話人を務める「台湾琉球協会」の総会にゲストとしてお呼ばれして来ました。日本と台湾の密接な関係については言わずもがなですが、とりわけ台湾と琉球の関係は深いものがあります。

 地理的には、台北から那覇まで飛行機でわずか70分ほど。李登輝元総統が尖閣諸島近海の漁業権問題について語るとき、いつも例として出す「戦前、沖縄の漁民は獲った魚を基隆で水揚げしていた。内地へ持っていくよりも台湾の方が近いからだ」というエピソードからも、沖縄と台湾の距離の近さが表れているでしょう。また、戦前から人的往来が活発だったため、留学で台湾に来ている学生にも沖縄出身の学生が多かったりします。

 その席上、八田與一ご夫妻の慰霊祭などでいつもお世話になっている許光輝先生(台湾警察専科学校助教授)に久しぶりにお目に掛かりました。許先生は烏山頭ダムを世界遺産に登録する運動を先頭になって推し進めています。台湾は国連に加盟していないため、世界遺産登録を所管するユネスコに登録申請が出来ないのです。そこで、日本側と協力して世界遺産申請し、それによって日台間の絆をさらに深めよう、というのが運動の主旨です。
b0199170_22303557.jpg

 その許先生がカバンから取り出して見せてくれたのは2冊の書籍。ほとんど同じ外観ですが、1冊は小学館から今月発売されたばかりの学習漫画シリーズ「八田與一」。私も小学生のころ、このシリーズを読んだ覚えがあります。
 もう一冊は中国語版。こちらは一足早く、5月に台南市の「南一書局」から出版されました。
 中国語版、日本語版ともに許先生が監修しています。

 今年5月には八田與一記念公園も完成し、そのニュースは日本でも大きく報道されたことで、ますます八田與一の知名度がアップしそうです。ただ、名前だけがひとり歩きするのではなく、この本によって子供たちが八田與一の功績を正確に学んでくれることを祈ります。
[PR]
by ritouki | 2011-06-29 22:30 | イベント

沖縄で野口健さんが講演

b0199170_2555219.jpg

[PR]
by ritouki | 2011-06-29 14:55 | イベント
b0199170_3304243.jpg

 故宮博物院の人気展示である翡翠の白菜。それをモチーフにした悠遊カードが発売されました。ちょっと微妙でしょうか・・・。
[PR]
by ritouki | 2011-06-29 03:30 | イベント
 アルピニスト野口健さんの新刊『それでも僕は現場へ行く』が発売になります。

 エベレストや富士山の清掃登山、遺骨収集活動のほか、昨年7月に行われた李登輝総統との対談も収録されています。

 健さんの夢は富士山と玉山(新高山)の姉妹山提携を結ぶこと。下の写真は李登輝総統と、大渓の別荘で対談したときの一葉。まるでおじいちゃんが孫に説明するかのようです。

 総統はこの対談のためにわざわざ週末、別荘にこもり、健さんに何を話すべきかをまとめたとか。
b0199170_21231218.jpg

[PR]
by ritouki | 2011-06-22 21:19 | イベント
b0199170_2533917.jpg

[PR]
by ritouki | 2011-06-22 11:53 | イベント
b0199170_4594733.jpg

 澎湖へ来ています。
 夏休みのツアー下見も兼ねて、初めて離島めぐり(桶盤・虎井・望安・七美)してきました。そのうちの虎井島には、日本時代の戦時中、山本五十六が命じて作らせたというトーチカが残っています。
b0199170_50362.jpg

 実は大東亜戦争開戦の際、暗号として使われた「トラトラトラ」はこの虎井島から来ているという伝説があります。というのも、真珠湾のあるハワイと虎井島の経度は”ほぼ”一緒。「ニイタカヤマノボレ」も、同じ理由からだとか。ただ「そんなに簡単な暗号なはずはない。もし真実ならとっくにアメリカに見破られている」とも言われており、やはり伝説の域を出ないようです。
b0199170_564812.jpg

[PR]
by ritouki | 2011-06-15 23:54 | イベント
 先月、李登輝学校の野外研修で訪れたのに続き、夏のツアー下見のために再び澎湖を訪れています。今回は初めて船に乗って澎湖本島の南に位置する離島めぐりをして来ました。
b0199170_16475016.jpg

 澎湖のポスターやガイドブックに必ずといっていいほど掲載されている「雙心石滬(ダブルハート)」は、澎湖に行けば見られる!と思われていますが、実際は澎湖本島から船で1時間ほどかかる七美島にあるのです。
 もともとは魚を取るためのワナだったダブルハート。魚は狭いところに入りたがる習性があり、無意識のうちにハートの凹んだ所に入り込んでしまうそう。そして潮が引いてくるとなぜか出られなくなってしまい、網で捕らえられてしまうというわけ。なんともノンビリした漁法ですが、そのために現在ではほとんど使われておらず、過去の遺物となりつつあるようです。
 しかし、このダブルハートが幸運だったのには理由があります。ワナである「石滬」には様々な形があるのですが、たまたまハートが2つ重なった形で、丘から見下ろすような場所に位置していたことです。通常、石滬は遠浅の海岸などに作られるので、ヘリなどで空中から撮影しないとその姿をハッキリ見ることは出来ません。しかし、このダブルハートは、丘の真下に作られたので、観光客がいとも簡単に見下ろすことが出来るのです。
 このワナが設置された時代、作った人は、まさか後々このワナが観光の目玉になるとは思っていなかったでしょう。
 少なくなりつつある石滬ですが、澎湖本島の北に位置する吉貝島沿岸にはまだ多く残っているようです(下記の資料写真参照)。
b0199170_16584825.jpg

[PR]
by ritouki | 2011-06-15 16:47 | イベント
 このたび、産経新聞の山本勲・台北支局長が北京へ赴任されることとなり、東京新聞の迫田支局長から内輪での送別会に呼んでいただきました。

 会場は松江路にある茶葉を使った料理で有名な竹里館で、彩り豊かなメニューが人気です。奥様とお嬢さんも同席されました。紹興酒が進むにつれて話しの内容はあちこちへ。
 台北と違い、国民の気質から住環境まで180度違うと言っても過言ではない北京勤務ですが、お身体にお気をつけてご活躍をお祈りしております。
b0199170_1558514.jpg

[PR]
by ritouki | 2011-06-08 22:49 | イベント
b0199170_13424661.jpg

 本日付の産経新聞「アピール欄」に、楊永明・新聞局長の寄稿が掲載されています。

 楊永明・新聞局長は、就任したばかり。就任の宣誓式が行われたのは5月2日ですが、思い起こせば2年前の5月1日、「齋藤大使の『台湾の地位は未定』発言」があり、後に事実上の更迭人事が行われています。

 嘉義県にある国立中正大学で行われたシンポジウムの席上、齋藤大使の「台湾の地位未定」発言に真っ先に食ってかかったのがこの楊永明氏(当時は国家安全会議諮問委員と国立台湾大学政治系教授を兼任)でした。『台湾の地位は未定』発言の直後、楊永明氏は大声で異を唱え、抗議をしたとも報じられています。

 4月30日、楊永明氏が新聞局長に指名されたことを報じた『自由時報』の記事では、齋藤事件に関して問われると「厳重な抗議を行った台湾外交部の処理は適切だった。日台交流に貢献した齋藤大使には感謝しているが、『台湾の地位未定論』は齋藤氏個人の言論であり、日本政府の立場とは異なる」と答えています。

 「馬英九総統の日本語教師(4月30日付・今日新聞網より)」とも形容されるバックグラウンドを持つ楊永明氏の寄稿では、馬政権が推し進めた中国との「ECFA(両岸経済協力枠組協議)」締結により、台湾の経済成長率が上昇し、台湾経済にとって有益だと述べています。

 しかしながら、ECFA締結が一律、台湾の経済にとって有益だったと論じることはいかがでしょうか。
 「ECFA締結により、対中輸出の際、高い関税を課せられていたプラスチック、機械、鋼鉄などの大企業にとっては、確かに短期的には有利に働くだろう。
 しかし、中国の廉価な粗悪品や農産品も同時に台湾へ流入することになり、労働力が密集する本土産業や農業、中小企業にとっては大打撃になる」と論じた王塗發・台北大学経済学系兼任教授の主張も無視することは出来ません(論文は『新台湾国策シンクタンク』が発行する月刊ニュースレター6月号に掲載予定)。
 
 また、馬政権の功績として、WHO(世界保健機構)への3度目のオブザーバー参加を挙げています。しかし、5月9日付の自由時報がスクープした「WHOの内部文書で、台湾が『中国台湾省』と表記されている問題」について、その後の調査で、馬政府はすでにその問題を把握していたことが分かりました。馬英九総統は「主権は損なわれていない」と弁明しましたが、現実に国連機関によって「中国の一部分」に列せられたことをどうお考えでしょうか。

 東北大震災に対する台湾の人道支援には心から感謝しています。
 馬英九総統は、震災発生直後、即座に1億元の義捐金寄付を決めてくれました。ありがとうございます。そういえば、2008年5月に発生した、中国四川大地震の際の義捐金は20億元でしたね。

 救援隊(NGO)の派遣もありがとうございました。出動準備が整っていた救援隊に「待った」をかけたのは台湾外交部でした。「外交部の同意がないから」と、発券してくれない中華航空に困り果てたNGOはエバー航空に相談。エバー航空は即座に隊員全員と数トンにも及ぶ捜索機器、支援物資を”無料で”東京まで運んでくれました。

 その後、中華航空も、捜索隊のメンバーや機器、支援物資などを無料で輸送してくれたのも確かですが、日本の国土交通省観光庁が中華航空にだけ感謝状を贈ったのもトンチン菅な話です。

 楊永明氏は、台湾からの各層からの義捐金が世界トップの160億円を超えた、と書いていますが、それは台湾の民間の人々の善意の積み重なりであって、馬政府の功績にするのもまたトン馬な話です。

 台湾の新聞局は来年1月1日の行政院改組により、その業務は行政院本部や外交部、将来創設される文化部へと引き継がれるため、楊氏は「最後」の新聞局長とともに、「初代」の行政院スポークスマン、になる可能性があるとか。

 来年1月は総統と立法委員のダブル選挙。楊氏が「”馬政権最後の”行政院スポークスマン」になる可能性もありますね。
[PR]
by ritouki | 2011-06-03 15:03 | イベント