台北事務所の活動をお伝えします


by ritouki

<   2012年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 本会の「役員および支部長訪台団」は本日から台湾入り。団長は常務理事の澤英武氏(元産経新聞記者/外交評論家)、副団長は梅原克彦氏(前仙台市長/国際教養大学教授)、総勢15名の訪台団です。

 もともと16時から予定されていた李登輝元総統との懇談でしたが、昨日夜に秘書を通じ「皆さんとなるべく長くお話ししたいから15時からに前倒し出来ないか」という総統からの連絡をいただきました。訪台団が搭乗するのは松山空港13時半着の便。現地合流の理事の方々との挨拶もそこそこに一路淡水を目指します。

 幸い渋滞もなく、15時ギリギリで淡水に到着。総統の執務室と扉ひとつで繋がる会議室に通されると、その声を聞きつけたのか、待ちかねたかのように総統自らお出ましいただきました。全員と握手していただき、蔡焜燦・李登輝民主協会理事長にも加わっていただいて、早速懇談を開始しました。
b0199170_1444740.jpg

 席上、これまでの本会の10年にわたる歩みを振り返り、総統から「外登証問題の解決や正名運動の推進、戸籍表記問題や地図帳問題の署名運動など、本当によくやってくれてありがとう」と、過分なお言葉をいただきました。
b0199170_14433947.jpg

b0199170_14435219.jpg

b0199170_1444154.jpg

b0199170_1444479.jpg

 蔡焜燦先生からも「日本李登輝友の会はまさに『台湾大使館』の役割を果たしてくれている。東京の(大使館に相当する)台北駐日経済文化代表処が声を上げないことをやってくれている」と評価していただいています。
b0199170_14441344.jpg

 その後、総統から「皆さんともっとお話ししたい。何か意見はありませんか」ということで、台湾の法的地位について伊藤英樹理事から発言。伊藤理事の書かれた文章にも熱心に目を通されていました。澤団長と意見交換をされたり、ご自身の講演をまとめた『日台の心と心の絆』を教科書のようにしてお話しいただくなど、大変濃密な2時間たっぷりの懇談でした。
b0199170_14441058.jpg

b0199170_14435830.jpg

b0199170_14434836.jpg

b0199170_14435556.jpg

b0199170_1443457.jpg

b0199170_14422885.jpg

 総統ご自身、まだお話し足りないようでしたが、少しお疲れ気味ということで、17時過ぎに懇談は終了。最後には訪台団と記念写真に収まっていただきました。

 夜は淡水の海鮮レストラン「海中天」で蔡焜燦先生を囲んでの晩餐会。日頃は全国に散らばる各支部どうしの親交を温め、李登輝元総統から期待されている更なる活動の活発化を誓いました。
 明日午前は交流協会を表敬訪問、午後は景美監獄を参観、夜は李登輝民主協会主催の晩餐会が予定されています。
b0199170_14441613.jpg

[PR]
by ritouki | 2012-12-03 23:43 | イベント