台北事務所の活動をお伝えします


by ritouki
b0199170_19203659.jpg

 本日午後1時から、総統府前の凱達格蘭大道(ケタガラン大道)において、立法院を占拠する「太陽花学運(ヒマワリ学運)」の学生たちが主体となってデモが行われる。

 それに際し、李登輝元総統はFacebookを通じ、自身の立場と台湾の人々への願いを込めた声明を発表した(日本語訳は筆者によるもの)。

-----

 中国とのサービス貿易協定に端を発する争議は、学生たちによる立法院(国会)議場の占拠を引き起こし、今日ですでに13日目を数える。

 これらの問題に対し、私の立場は一貫している。指導者は彼らの声に出来るかぎり耳を傾け、人民の苦しみを理解すると同時に、具体的かつ誠意を持って学生や人民の要求に答え、解決の道を探るべきである。

 この十数日間、学生たちが台湾という国に対して見せた情熱、理想の堅持、明るい未来の追求、台湾の民主主義を世界に知らしめたエネルギーは、私たちに国家の希望というものを見せてくれた。

 今回の一連の争議を目にした台湾の人民に希望することは、民主主義の価値というものをより深く理解すると同時に、民主主義のというのもは決して投票の権利だけではなく、人民の実質的な政治参加と、政治に対する絶え間ない監督責任があるということを分かってほしいということだ。

 また、社会におけるより多くのオピニオンリーダーや指導者が現れ、共に国家の将来を考え、公民憲政会議や国是会議の開催を促すことで政治争議の解決と、人民の幸福を実現することを望む。

 この問題の処理にあたり、現場の最前線で任務にあたる軍や警察の苦労は大抵ではないと思う。しかし、彼らにもぜひ根本的な責任のあり方を考えてみてほしい。本当に守るべきものはこの台湾の人民の生命であり、財産であり、安全である。軍や警察はお互いに対立することなく、双方が理性をもって尊重しあうことを希望する。

 学生たちは本日、総統府前で10万人を集めた活動を行うという。私は、すべての人民に対して希望する。学生たちの一貫して平和的かつ理性的な要望を尊重してあげてほしい。そして共に民主主義を守ると同時に、負傷者が一人も出ないことを祈る。

 皆さんの無事安全を、台湾にご加護を!

 
                                   李登輝

-----

  近來,因為服貿爭議,引發學生進佔國會議場已經第13天!

  我仍秉持一貫立場,呼籲領導者能夠傾聽人民聲音、了解人民的痛苦,具體且誠意的回應學生及人民的訴求,並謀求解決之道。

  學生這十幾天來表現出對國家的熱忱,對理念的堅持,對未來的追求,向全世界展現台灣民主的活力,讓 我們看到國家的希望。

  希望台灣人民經過這次事件,能對民主的價值有更深的體認,民主絕不是只有投票而已,民主需要的是人民實質參與及不斷地監督。

  我也期待,更多意見領袖及社會公正人士站出來共同承擔責任,一起思考國家的未來,促成公民憲政會議或國是會議的召開,以化解政治爭端,創造人民的最大幸福。

  因為要處理抗爭事件,大批軍警被推到第一線,任務繁重實在辛苦。但請軍警人員體認自己的根本責任,真正應該保護的,是這個國家的人民生命及財產安全,希望軍警與人民不要互相對立,雙方保持理性尊重。

  關於學生今天號召十萬人民「上凱道守護台灣」的活動,我希望所有的民眾可以尊重學生一貫和平理性的訴求,一同守護民主,也祈禱沒有任何一個人再受到傷害。

  祝大家平安!台灣平安!

                                                 李登輝
[PR]
# by ritouki | 2014-03-30 09:41 | イベント

330の前夜に

 解せないことが一つある。

 それは、Facebook上でよく見かける日本人の書き込みで「台湾のことは台湾人が決めるべき、だから日本人の私は外から見守りたい」「外国人である日本人が台湾のことに口出しするべきじゃない」といった内容だ。

 彼らが台湾のことを好きかどうか、関心があるかどうかはここでは関係ない。
 重要なのは「台中服務貿易協定」が日本には無関係だと思い込んでるところにある。無関係だと思い込んでるということは、恐らく服貿協定の内容を知らずに「台湾のことは台湾人に任せよう」とノー天気に言っているようにも思える。
 将来の台湾や日本への影響など考えもせず、服貿協定の内容など知りもせず、ただただ無関心だと思われたくないがためだけに「決して無関心じゃないですよ」と逃げ口上を用意しているだけにも思えるのだ。しかし、そうした考え方は非常にユートピア的な、理想主義的なものと断じざるを得ない。

 なぜ台湾の学生たちは立法院を占拠してまで、この服貿協定の発効を阻止したいのであろうか。
 もちろん、服貿協定の発効が現実になれば、台湾の根幹企業ともいえるサービス業に大量の中国資本が流れ込み、中国人の安価な労働者が大挙し、台湾経済を席巻するだろう。
 その結果、価格競争に耐え切れない台湾企業は力尽き、台湾人の就業機会は奪われ、最終的に「安かろう悪かろう」の中国式サービスが蔓延する台湾社会になるおそれも十分に考えられる。
 さらには「投資移民」という名のもとに、父ちゃんが董事長、母ちゃんが総経理、息子が店長のような「三ちゃん企業」を作り、ごくごくハードルの低い投資をすれば、そのまま台湾に移住出来てしまう。

 ただ、最大の問題はそうしたところにあるわけではない。
 服貿協定が発効し、大量の中国人労働者が押し寄せ、経済を牛耳られ、移民が増加すればどういう結果が出来するか。通婚を繰り返して中国大陸系住民が増加すればどうなるか。
 結果、台湾は「明日のクリミア」になるだろう、というのが最大の問題であり、日本も無関係ではいられない部分なのである。

 中国大陸系住民が増加し、彼らの工作が浸透して中国との統一機運が生まれたら欧米や日本も反対できない「住民投票」で人民の意見を聞く、という流れが出てくるだろう。
 その結果、大量のロシア系住民が「ロシア編入賛成」を投じたクリミアのように「民主的かつ平和的な方法」で台湾は中国に統一されることになる。
 一発のミサイルも打たず、一滴の血も流さず、「多数決」という民主主義的な方法で中国は台湾を手中におさめる。こうしたシナリオが高い確率で引き起こされるであろう服務貿易協定について、「日本には関係ないから、日本人は口出すべきではない」となぜ高みから見下ろすような言い方をするのだろう。

 結果的に、台湾が中国領になった場合、日本に影響はないのか?日本とは無関係なのか?
 毎日たくさんの原油を運ぶタンカーが通る台湾海峡は中国の内海となり、西側のバシー海峡も中国の管轄下となる。遠回りする場合の燃料費は、高騰する保険料はどうするのか。原油に限らず、南シナ海のシーレーンを通って輸入されてくる多くの物資に頼っている日本経済は喉元を抑えられることになるというのに。

 台湾が中国領になった場合、中国の海軍は自由に太平洋への出入りが可能になる。今でさえ、中国海軍の潜水艦やらに尖閣諸島近辺をウロチョロされているのに、出入り自由になってしまったらどうするのか。翳りが見え始めたアメリカの軍事力は太平洋防衛を任せることが出来るのだろうか。中国は本気で「太平洋を米中で分割統治しましょう」と言い出しかねない。

 「台湾のことに外国人が口出すべきじゃない」とか「台湾のことは台湾人が決めるべき」などというユートピア的な理想主義はやめたほうがいい。
 ではなぜ中国や韓国は、靖国神社という至極国内的な問題に首突っ込み、口を極めて罵ることが出来るのか。なぜ長年アメリカは毎年、年次教書という名のもとに様々な要求を日本に押し付け、国内法改正や制度改革を強制するのか。
 それが国際社会で、それが国際政治だからではないのか。つまり、要はそれが現実だということなのではないか。

 理想は理想で素晴らしい、しかし、この世界は理想的には出来てはいない。
 それこそ生き馬の目を抜くような厳しい国際情勢の中を泳いでいかなければならない。

 台湾が直面している服貿協定は現在の台湾だけの問題ではなく、将来の台湾、台中関係、日台関係、アジアどころか世界の安全保障にさえ影響を及ぼすだろう。

 だとすれば、ユートピアのようなことを言っていないで、現実を見据えて物事を言ってほしいと願うのはあながち無理な相談ではあるまい。仮に無関心であるならば無関心でも結構、黙っていていただくだけだ。

 しかしながら、わざわざインターネット上で「私は外国人だから何もしません」とか「外国人じゃなかったら私も参加したのに」などと逃げ口上を並べた正義感ぶって「中立宣言」などを振りかざすのはご勘弁願いたい。
[PR]
# by ritouki | 2014-03-29 23:51 | イベント
 本日午後、「第二の民主改革」始動のため台中での講演に向かった李登輝元総統は、台湾新幹線への乗車前、メディアから、現在立法院を占拠する学生たちと馬英九総統の対応について問われると「国家の指導者たるもの、学生の意見に耳を傾けるべきで、警察力を使って彼らを排除するべきではない。学生たちが殴られている光景を見るのは耐えられない」などと、涙ながらに答えた。発言は下記の通り。

 「政府や指導者は庶民や学生たちと対話しなくてはならない。特に学生たちは知識階級であって将来の国家にとって重要な人物だ。警察力を用いて排除するべきではない。まずは彼らと会って話を聞き、何が問題なのか、どう解決するべきかを理解するべきだ。こうしたことが出来ないのであれば、何のために指導者に選ばれたのか。

 学生たちはかわいそうだ。もう既に(立法院占拠から)10日が経ち、警察に殴られている光景はとても見ていられず心が痛む。台湾がこんな風に変わってしまったのを見ると本当に涙が出る。もう質問しないで下さい。さもないと本当に涙がこぼれてしまう。私の話を聞いてくれればそれでいい。

 学生たちが提案した『全民憲政会議』はいい考えだと思う。国民全体で台中サービス貿易協定についての理解を深めるべきだ。これまでの政府の説明は全く不十分だ。この機会を利用して国民への説明を尽さなくてはならない。それが民主社会の形だろう。大切なのは、政府は庶民が抱えている問題を理解することだ」。

[PR]
# by ritouki | 2014-03-27 17:35 | イベント
 今週18日火曜日夜から、学生たちが立法院を占拠しているが、奇しくも24年前のちょうど同じ時期、立法院から徒歩でも10分ほどの中正紀念堂に、やはり大学生たちが集まり、座り込みやハンストを展開した。

 この運動は「三月学運」や「野百合学運」とも呼ばれ、台湾民主化が本格化する端緒となった学生運動として知られている。野百合は、台湾固有種であり、春にその白い花を咲かせ、純血や生命力の強さなどを象徴することからその名が付けられた。

 この学生運動は、1990年3月16日、万年国会に抗議する大学生数名が、当時デモや集会の禁止地域に含まれていた中正紀念堂で座り込みを始めたもの。

 この抗議行動が報道されると、翌日から支援者が数百人規模で増え続け、最終的には6,000人近い大学生が参加したといわれている。李登輝総統は万年国会解消のため、高額の退職金や年金と引き換えに国民代表らの引退を促していたが、学生たちの当初の抗議目的は、国民代表らの傲慢な態度に対してであった。
b0199170_17464045.jpg

 当時、戒厳令はすでに解除されていたものの、国民大会は「万年国会」と呼ばれ、その根拠となる動員戡乱時期臨時条款は未だ撤廃されていなかった。

 18日には、学生たちは正式に民主化に関する「四大要求」を提出し、ときの李登輝総統に対し、憲法改正や国是会議の招集、民主改革のタイムテーブルの提示などを求めたのである。

 当時、総統の座にあったとはいえ、李登輝総統は1988年1月に急死した蒋経国総統の後を継ぎ、憲法上、総統に昇格したに過ぎない名目上のみのロボット総統であったともいえる。

 さらに、このころ党内では主流派と非主流派の争いが熾烈を極めており、李登輝総統はその板挟みに遭いながら困難な政権運営を強いられていた。李登輝総統が李元簇副総統候補とともに国民大会の支持をとりつけ、選挙を勝ち抜いて名実ともに総統の座を手に入れるのは三月学運の活動真っ最中の21日のことである。

 李登輝総統はまだ肌寒く、夜には冷え込む3月、学生たちが寒さに震えながら座り込みやハンストをしていることを知ると、自ら中正紀念堂に赴いて学生たちと対話することを望んだが、国家安全局による「万全の警備ができず、総統の身の安全を保証できない」という強い建議により、夕方に車両で中正紀念堂の周囲を走り、学生たちの様子を観察するに留めたという。

 20日、総統府はプレスリリースを発表し、学生たちの要望を受け入れ、国是会議を開催することなどを決定。総統府秘書長を現場に派遣し、学生代表と直接会って対話することを伝えた。

 翌21日、国民大会における選挙で総統の座についた李登輝総統は、総統府内へ招いた学生代表53名の要求に耳を傾けるとともに「皆さんの要求はよくわかりましたから、中正紀念堂に集まった学生たちを早く学校に戻らせ、授業を受けるようにしなさい。外は寒いから早く家に帰って食事をしなさい」と言葉をかけている。

 余談だが、李登輝総統は寒空の下で座り込みをする学生たちを案じ、孫震・台湾大学校長へ電話を掛け、中正紀念堂へ行って学生たちに声を掛けてまわるよう依頼したが、結局孫震は耳を貸さなかったという。

 孫震は台大経済系出身で、李登輝総統の台大での教え子。その関係もあって李登輝総統は孫震に電話をして学生たちをいたわるように頼んだわけだが、たとえ恩師の頼みより、党の顔色を伺ったということか。後に孫震は国防部長(国防大臣)に就いている。
 そして現在の国民党で行政院スポークスマンを務めているのが息子の孫立群だというのは時代のめぐり合わせである。

 李登輝総統と面会した当夜、学生代表団は協議し、中正紀念堂における占拠を翌22日に終了し解散することを決定。22日早朝に正式に解散を宣言して撤退を開始した。

 その後、李登輝総統は学生との約束通り、民主化へのタイムテーブルを発表。万年国会を解散させるとともに、6月には国是会議を開いて民間から広く識者を招聘して民主化への意見を求めた。

 当時の台湾社会における機運は、学生運動を中心とする民主化の要求と、政府側のトップである李登輝総統自身の民主化への意欲という双方のエネルギーがうまく噛み合って進められたと言ってよい。つまり、民間の要求と体制側の意欲が合致していたのだ。

 現在に目を向けると、「台中サービス貿易協定撤回」の要求を掲げて立法院を占拠する学生運動は、24年前の野百合学運を彷彿とさせる。今回の学生運動には「太陽花学運(太陽花は中国語でひまわりの意)」という名前が付けられた。しかし24年との決定的な違いは、政府側のトップがまるで学生たちの声に耳を傾ける気のないことだ。

 事実、現時点で馬総統は立法院を占拠する学生たちに対しメディアを通じて声をかけることもなければ、誰かを派遣することもなく、学生たちの要求に対して何の反応も見せていない。
b0199170_17493194.jpg

 21日夜、晩餐会へ出席した李登輝元総統はメディアの質問に対し「学生たちには学生たちの意見がある。彼らだって国家のためを思って行動している。馬総統は彼らの話を聞いて、早く学校や家に帰す努力をするべきだ」と馬総統の対応を非難している。

 「ただただ国民のことを思って政治をやってきた」と回想する李登輝元総統と、国家や国民という考えもなく、中国の顔色を伺い、党のことしか頭のなかにない馬英九ではもはや役者が違い、比べるべくもない。
[PR]
# by ritouki | 2014-03-21 23:09
 昨年、台中間で調印され、かねてから立法院で承認審議が進められてきたサービス貿易協定の内容が台湾のサービス産業、特に中小企業に打撃を与えると同時に、協定の審議内容や方法が不透明かつ、国民への十分な説明や審議がなされていないとして、3月18日夜9時半ごろ、台湾大学の学生ら300人が警備の警察官を振りきって議場に突入、そのままバリケードを築いて占拠した。

 この情報がメディアを通じて伝わると、それを支持する学生たちが集まり始め、翌日には数百人規模に。議場の様子が報道され、長期化の様相を呈するにつれ、学生たちの行動に呼応する支持者が続々と立法院のある中山南路や青島西路へ集まり、その規模は数千人と伝えられている。
b0199170_1339038.jpg

 筆者が立法院へ赴いた3月19日夜は気温が28度前後で、歩いているだけでも汗が流れるほど。中山南路側の立法院正面入口ではテントが張られ、広場では高校生を含めて学生たちが代わる代わるマイクを握り、馬政府に対する服務貿易協定締結の不満と議場内を選挙する学生たちへの声援を語っている。
 道路沿いの柵にも学生やメディアが鈴なりとなっているが、正面入口は警官隊によるバリケードで封鎖されている。また、当日夜時点でこちら広場ではペットボトルの水やパンなどが差し入れられていた。
b0199170_13391596.jpg

 続いて青島西路沿いの立法院後方の群賢樓へ。こちらには学生に選挙された議場がある。歩道橋から撮影すると、道端にはテレビ各局の中継車が停まっているうえ、あふれた群衆が道路のほぼ半分まで溢れ出し、通行するバスやバイクがそのすぐそばを走っている危険な状況。案の定、青島西路はまもなく警察によって封鎖され、通行止めとなった。

 立法院群賢樓前の広場にも学生が大挙して集まり、座り込みを続けている。ただ、側門には学生が立ち、出入りする人たちのために通路を開けるよう絶え間なく声を掛けている。おかげで我々も苦労することなく広場へ入ることができた。また、議場内へ届けられる水や食料などの物資が続々と運ばれており、学生たちは率先して道をあけるなど、混乱のなかにも秩序ある行動がなされているのが見てとれた。
b0199170_13393059.jpg

 座り込みする学生たちの後方には無数のテレビカメラと記者。議場入口の前では、ここでもやはり学生たちが代わる代わるマイクを握って主張を伝えている。
b0199170_13392229.jpg

b0199170_13393989.jpg

 建物2階や廊下には議場を占拠する学生たちも姿を現し、馬政府に対して服務貿易協定の再審議と説明の要求を訴えた。

 馬英九総統に対する再審議や公開討論の要求に対して学生たちが設けた回答期限は明日21日正午。回答がなければ学生たちは行動を拡大するとしているが、木曜から金曜にかけ、中南部からも続々と学生が北上して合流すると同時に、一般市民や民進党関係者も多く集まるため、人数はさらに拡大していくだろう。
[PR]
# by ritouki | 2014-03-20 23:32 | イベント