台北事務所の活動をお伝えします


by ritouki
 アルピニストとして知られる野口健さんは、登山の一方でアジア各地に眠る日本兵の遺骨収集活動にも力を入れられています。
 この2月、野口健さんが台湾を訪れ、私がご案内して日本兵として出征した台湾人の方や高砂族の方にインタビューを行いました。野口さんは遺骨収集の過程で、戦時中は多くの台湾人も日本兵として出征し、散華されている方も少なくないことを知り、もっと学ばなくてはという想いで台湾を訪れたのです。

 そして、今回は日本李登輝友の会の仲介により、李登輝元総統との対談が実現することとなって再び台湾にいらっしゃったのです。対談は桃園県大渓にある元総統の別荘で行われました。元々は台北市内のご自宅でという予定だったのですが、元総統は「野口さんのためにどんな話をすればよいか」を熟慮するため、わざわざ週末を別荘での準備期間に充てたそうです。日本の若い世代(野口さんはまだ30代)が遺骨収集活動に熱心に取り組んでいるだけでなく、台湾に関心を持ってくれたことに対しても、元総統は大変嬉しそうでした。
b0199170_2182558.jpg

 午後2時半から始まった対談は3時間近くに及び、李登輝元総統はこれからの日本にあるべき指導者像や、日台関係について熱く語られました。
 かくいう私も野口さんと同じ30代。野口さんのような、日本を、そして台湾を憂う若いリーダーが出てきてくれたことは弟分の私としてもとても頼もしく感じています。
b0199170_2174693.jpg

 対談の模様は9月発売のPHP『Voice』誌に掲載されます。今回の対談が行われたのは、奇しくも李登輝元総統にPHP研究所の江口克彦氏(当時)がインタビューして作り上げた『台湾の主張』の取材場所と同じ、別荘の地下フロアでした。

 その後、元総統には書庫も見せていただきました。画像はそのほんの一部。まるで図書館のような蔵書量こそが、哲人政治家・李登輝のバックボーンになったのでしょう。
 この対談の模様については、野口健さんのブログにも掲載されています。
b0199170_218444.jpg

[PR]
# by ritouki | 2010-07-19 23:23 | イベント
 この夏に公開された映画「トロッコ」の原作は芥川龍之介の同名小説ですが、映画ではその舞台を台湾に移して撮影されています。

 なぜかというと、撮影にあたり、川口浩史監督がイメージするようなトロッコが日本ではもうすでに見つからなかったそうです。そこで、以前に撮影を手伝ったことのある台湾の映画スタッフにそれを漏らすと「台湾にならまだ残っている」という言葉を聞き、台湾での撮影を決行したのだとか。

 今回のツアーはその「トロッコ」のロケ地をめぐるというテーマで、宜蘭県にある太平山を目指しました。途中、夜市で有名な羅東市内に残る日本時代の羅東森林鉄道駅跡地(現在は整備されて公園として市民の憩いの場になっている)に立ち寄りました。

 帰り道、ふと撮影したのがこの写真。どこか懐かしさを感じる日本家屋の建ち並ぶ一角ながら、一輪のハイビスカスがやはりここは南国・台湾ということを思い出させてくれます。
b0199170_2162091.jpg

[PR]
# by ritouki | 2010-07-18 22:04